人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

内田勝さんの生き方

執着のない関心


先日亡くなった内田勝さんの生き方を思うと、実に美しかったと憧れる。
講談社に入社してすぐ少年マガジンの編集部に配属となり、立ち上がったばかりのキッズカルチャー(少年文化)を育て、30歳の若さで編集長となり、やがて発行150万部の偉業を達成する。この頃の内田さんの多忙ぶりは群を抜いていて、民放のドキュメンタリー番組にも仕事人間の例として取り上げられるほどだ。彼は風呂につかりながら企画書をチェックしたり、話題の本を読んだりしている。

その頃に大伴昌司と出会い、森羅万象を図解するという新機軸を打ちたて出版文化に多大の影響を与える。一方、漫画においても梶原一騎やちばてつや、川崎のぼる、水木しげるといった異才、鬼才と出会い、彼らの才能を引き出して、満天下をおおいに沸かせた。

その後、少年マガジン誌を離れ、月刊現代やホットドッグプレスなど大人向け若者向け雑誌の編集に変わっていく。講談社の中でも内田さんの異能ぶりが認められ、若くして常務にまでのぼっていく。
が、大きな組織の限界を感じて、新しい事業へと転進する。
そこで、内田さんの活躍は一時華々しさを失うが、けっして人生を投げ出したりはしない。
それまでに培った交友を大切にし、仕事だけに生きるのでなく、趣味としての歴史や美に造詣を深めてゆく。内田さんの人生の休憩時間だったのだろう。

やがて、ソニーピクチャーズの宗方さんと出会う。宗方さんは少年の頃見た「巨人の星」や「あしたのジョー」に胸躍らせたことがあって、その感動をもう一度得たいと思って、内田さんという存在を知る。ちょうど、宗方さんは衛星放送のアニメチャンネルを立ち上げようとしていて、その指南役を内田さんに依頼する。ここで、年少の宗方さんの申し入れに応え、内田さんは顧問として、かつての仕事仲間や漫画家の人脈をフルに活用して、新しい試みを成功に導いていく。

20歳以上、年の離れた宗方さんの相談に内田さんは打算抜きで応じる。内田さんはこれまでの自分の仕事ノウハウを惜しみなく与え、かつ自身の業績を相対化する。執着のない関心を持ちながら、若い新しい世代に分け与えるのであった。

ここで、神谷美恵子の「こころの旅」の一節を思い出す。
《現在まわりにいる若い人たちの人生に対して、エリクソンのいうような「執着のない関心」を持つこともできよう。彼らの参考になるものが自分にまだあるなら、よろこんでこれを提供するが、彼らの自主性をなるべく尊重し、自分は自分で、生命のあるかぎり、自分にできること、なすべきことを新しい生き方の中でやって行こう、という境地になるだろう。》

神谷が説く人生の秋の生き方の見本のような内田さんの晩年であった。
人間一生のこころの旅は、一生の終わり近くになって初めて好ましい旅であったかどうかが分かると神谷はしるしているが、内田さんの「こころの旅」は見事に美しく好ましいものであった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-06 11:05 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< いづちに行かん 閉めないで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧