人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

閉めないで

心の扉を閉めないで

ちらっと見たワイドショーで、ある母親の証言に心がどすんと揺れた。
悲惨で詳細に記したくないが、名古屋で起きた暴行事件の被害者の女の子についてのことだ。
13歳の少女は、その後食事を摂ることもままならず食べると吐いてしまう状態が続いていると、その子の母親が苦渋の証言をしていた。
少女は母に「どうして生まれてきたのだろう。自分は汚れてしまった。死にたい」という言葉を口にしたという。それを聞かされた母は引き裂かれそうだと、カメラに語っている。少女の心境を思うと辛い。そしてその母の苦悩も深い。

少女は自分を責めている。邪悪なものに蹂躙されて不正な状態に落とされたと感じている。ついたシミは消えないし、もはやここに存在することは許されないと希望をなくしてしまった。少女の心に扉が閉まりそうになっている。
母親や身内が必死になって、その閉鎖する扉の隙間に手をかけて、押し戻そう、希望の薄明かりを差し込まそうとしている。

この少女に、あなたの「絶望」や辛さを理解できる、時が解決してくれるからと安易な慰めを言っても、今の彼女には届かないだろう。
なんで、こんなことになったのだろう、そういう邪悪な存在と出会う運命だったのか、もう自分の人生は将来何もない、という自分を責めることばかりが、少女の胸に去来するのではないか。
そう想像するだけで、他人である私ですら少女が不憫に思われて仕方がない。親御さんはどんなに辛いだろう。

神谷美恵子の「こころの旅」を読みつづけている。彼女の言を借りれば、人生を生きるというのはこころの旅を旅するようなものだという。小児期は小児期なりに、青年期は青年期なりに苦難の影がさす。その都度の危機を乗り越えるなかで、人生の滋味に出会うという。今のわたしの関心は老年期、もしくは向老期の危機だが。この少女は思春期のとば口で苦難にあったわけだ。
たとえ、老年期に入ろうとも、少女の苦しみへの共感をもちたい。少しでもその苦しみを軽減できるならと考えているとき、私は自分の苦悩から解放されていることに気づく。

こんなエゴイスティックなことが許されるかと戸惑いながら、こころの旅とは何と神秘なものかとため息をつく。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-05 07:10 | 魂のこと | Comments(0)
<< 内田勝さんの生き方 ぺ氏、来局 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧