人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

北陸路を駆け抜けて

北陸路を駆け抜けて_c0048132_9383091.jpg
浅野川暮色

昼まで京都にいて、12時半に「サンダーバード」で金沢に向かった。
突然、主計町「太郎」で、鍋を食べたくなったのだ。

15時には、浅野川大橋の橋詰に立っていた。糠雨に降られながら、川べりをカートを引いて歩く。対岸のくわな湯の煙突も雨にけむっている。

太郎の戸を開けておとないを入れると、中年の仲居さんが顔を出した。予約はないですがいいですかと尋ねると、厨房に聞いてきますと去った。
しばらくして、大丈夫ですからと声がかかり、玄関入って左の椿の間に腰を下ろす。

窓を開けると護岸の石壁が雨にしっとり濡れて美しい。
鍋に火が入り、だしがまず温められる。かつおだしのいい匂いがしてくる。
鶏のささ身、鯛、鱈、かわはぎの切り身をどぼどぼと入れる。
しばらく煮立ったところへ青野菜が放り込まれ、銀杏の串刺しも添えられる。すべて仲居さんがサービスしてくれる。「今日のような寒い日は、鍋もいいものですよ」と話しながら菜ばしで、鍋の形をきれいにつけてゆく仲居さん。

取り皿に盛り付けられたものに、七味を加えて、ふうふう吹きながら食べた。うまい。
これを4,5回繰り返すと、具は消えた。最後に赤もちをいれ、さらにおじやを作る。だしが効いていて、ふぐ鍋のおじやとはまた違う味で美味。すっかり満腹となる。

太郎に来たのは30年ぶりだ。仕事に就いた頃に来たことがあったが、それ以来だ。味はその当時と少しも変わらない。

店の人に送られて外へ出ると、雨足はいよいよ強くなっていた。路地を抜けて暗がり坂を上って、主計町の背後にある久保市神社の境内へ入る。泉鏡花が幼い頃に遊んだ境内だ。玉砂利の道をカートを押して、表通りに出た。
和菓子の森八本店の前。中へ入るとうまそうな草もちがあった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-01 09:38 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 白鳥路 残された者の傷 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧