人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

残された者の傷

残された者の傷

朝から冷たい雨が降っている。この国にもそろそろ雨期が近づいている。

自殺者が増えていると聞く。年間3万もの数で命が失われていく。こういうことは、先進国のなかでは異常だという。宗教的基盤が薄いせいもあってセーフティネットが弱いのだろうか。自殺の主な原因は人間関係だと、自殺防止を呼びかける団体を取材した人から聞いた。病苦でもなく、人との関係で絶望していくというのだ。

防止団体は相談の窓口を開いている。そこに来る相談は自殺を企図する本人もあるが、自殺された家族からの連絡も多いそうだ。残された家族として、なぜ止めることができなかったのかという、心の傷がギリギリと彼らを苛む。残された者がむろん悪いわけでもないのだが、当人にはそう思えないのだ。この傷がひどくなって心の病に至ることもある。自己防衛としてサイキック・ナミング(心的麻痺)に陥ることもある。無感動な状態になるのだ。

小学校時代の友人を思い出す。
彼の父が自宅で首を吊った。大騒ぎになって、警察がやって来た。近所の人らが野次馬となって家を取り囲んだ。小学校高学年だった私も遠巻きで見ていた。友人は駆けっこの早い運動神経のいい、誰からも好かれる温厚な性格だった。その友人はどうしているのかが気になって大人に混じって私もそこにいた。次の日から、一週間ほど彼は学校を欠席した。

登校してきたとき、母親といっしょだった。
教壇の上に彼は担任と並んだ。どうしたのだろうと訝しく思った。「×君は、今度転校して○○市へかわっていきます」と担任が告げて、×君に代わった。彼が何を挨拶したか覚えていないが、いつもと同じやさしそうな笑顔でさよならと言ったことだけは目に焼き付いている。
授業の最後まで居ず、母親と学校の門を出て行った。

あのときは分からなかったが、今になってあの母と子はすっかり傷ついていたのだということを思い知る。
その後、時々、彼が住んでいた家の前を通ると思い出した。その家は長く空き家が続いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-05-29 07:23 | 魂のこと | Comments(0)
<< 北陸路を駆け抜けて 歌仙を巻いた >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧