人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

歌仙を巻いた

歌仙を巻いた

初めて連句というものをやった。
昨夜、仕事を終えた7時から10時半までの3時間で初折の18句に挑戦したのだ。
連衆(れんじゅ)と呼ばれるメンバーは、相当な力量の持ち主ばかり。一人の彼はBS俳句のプロデューサー、もう一人の彼女はそのテキストの編集者つまり「BS俳句」誌の記者。あとの二人の彼は幼年期から俳句に親しんで来たというベテランばかり。ここに混じっての句会は、雑魚のトト混じりで、私にとっては苦会でもあった。
むろん、嫌なわけではない。嫌だったら参加などするはずもない。

発句は編集者が持って来た作品とした。
新緑の闇よりヨーヨー引き戻す
ふむ、いい句だ。この一句で座のレベルの高さが分かった。
そして、次の七七だ。私はてっきり順番で付けていくものだと思っていたらそうではなかった。前の句を詠んだ者以外の全員で考えるのだ。持ち時間はおよそ8分。その間に七七の短句を考えなくてはならない。これが至難だった。五七五には慣れているが、七七はなかなか出てこないものだ。第2句は脇といわれて14音、客をむかえた亭主の心で発句に答礼する気分でなくてはならない。しかも発句にない境地を作り出さなくてはならないとある。夏の季語が必要であり体言で止めるという約束事がある。
ルールを聞いて真っ青。こんなに縛りがあるのか。

慣れているメンバーはさっさと書いて、酒を飲みながら雑談を始める。これが気になり焦りが出てくる。いやあ、こりゃ格闘技だな。脂汗たらり。
4句でそろったところで、捌きをリーダーである亭主が始める。この人の感覚で選択されていく。最初の付け句なので、ああだらこうだら講釈があって決定するのに10分ほどかかる。そして選ばれた句は
子らの影から行列の蟻

と、ここまでで20分以上かかった。一応酒食をとりながらとなっているが、箸をとる時間などまったくない。
前の句につけて、一つ一つ進むのだが、後戻りつまりイメージが元に戻ってはいけないことになっている。まず進むことだ。だから前の句と同じ言葉が使われていると、それだけで失格となる。

お開きとなったのは10時を回ったところで。いやあ疲れた。だが心地よい疲れであった。
芭蕉の「猿蓑」などを読んでも、なかなか解けなかったことが実践してみると、よく理解できた。
しかし、昔の日本人はなんて高尚なあそびをしていたものか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-05-28 09:49 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 残された者の傷 知らない鳥が鳴いている >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧