人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春の雨、静かに静かに

春の雨、静かに静かに

週末はどうやら雨ばかりとなるらしい。
大磯紅葉山の庵でぼんやり夜の雨を眺めている。静かで、雨が地面に落ちる音だけしかない。机の上に小皿を取り出し、線香を立てる。それに火をつけてうっすらと香りを楽しむ。

書棚に黒い革の手帳を見つけた。フィレンツェのcellerini製と刻まれて高そうなシステム手帳だ。誰かからプレゼントされたはずだが、贈り主のことが思い出せない。手帳には1995年の6月のこと、つまり私が脳内出血を発症したときのことが私の字で書かれてある。それ以外の記述はないから、あの病になる前にこの手帳を私は取得して、闘病の記録だけをこの手帳につけたのだと思う。

その記述を読んでいるうちに神妙な気分になる。

6月19日、深夜に後頭部痛にて、平塚市民病院の緊急外来に駆け込む。数分待たされて、医師の診察を受ける。その間、激しい嘔吐感にさいなまれる。血圧は269まで跳ね上がっていて、医師は冷たくまさかの場合もありますと私と家人に通達する。そう言い放ったものの、その医師はたまたま脳外科の専門医で、その夜は当直でいたこともあって処置が早かった。今振り返ると、その夜彼がもしいなかったら私の運命はどうなっていたか分らない。CTスキャンされて、後頭部に出血が見られたため、即入院となる。

その後、保存的治療を施されて徐々に回復してゆく。6月20日から7月19日まで入院となる。わずか一ヶ月だが私には半年ほど入院していたような気がしてならない。
あの年の夏は暑かった。冷房の効いた病室でも、じっと寝ていても汗ばむほどだった。

退院となった夜は嬉しかった。帰りにドライブインに寄ってチャンポンを食べた。こんなに美味いものがあるとは思わなかった。
病院を出てからは外来通院となり、3日ごとに脳外科の待合室に坐ることになる。在宅でのリハビリがおよそ2ヶ月続く。

会社に出たのは9月の初頭、いわし雲が浮かぶ日だった。それはしっかり覚えている。
黒い革の手帳の記述から以上のことを少しずつ思い出した。最近になって気付いてきたが、あの時の私は変だった。あの年のことの記憶は断片になったままでうまくつながっていない。だから、当時の記録が出てくれば、それから類推して、一本の線にしようと今頃になって考えている。

線香が燃え尽きた。ふと、パソコンから顔をあげると、冷たい夜の雨が窓ガラスをたたいていた。静かで明るいのが春の雨の特徴だと秋桜子は記して、原石鼎の句を挙げている。
 春の雨音なくなりてふりにけり

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-05-10 22:02 | 30年の自画像 | Comments(0)
<< お菓子の家 coのこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧