人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ひげ面

ひげ面

 連休の間、ひげにあたることなく過ごしていたら、今朝洗面所で自分の顔を見てぎょっとした。不精ひげがぽしょぽしょ伸びてみっともない。髭はけっして濃いほうではないのだが、それでも3日間放置すればむさ苦しい長さとなってしまう。
 白髪混じりの髪も伸び放題のぼさぼさで梳かしても寝ぐせが直らず、貧相だ。どう見ても前期高齢の失職した顔だ。

 14年前、大江健三郎さんを長期に取材したことがある。春から夏の終わりまで、およそ4ヶ月に渡り大江さんの身辺にカメラは張り付いた。大江さんが「最後の小説」を書こうとしていた時期で、息子の光さんは初めてのCDを制作していた時期でもあった。
 小説家が小説を書く場面というのはめったに撮影できるものでない。作家が霊感のようなものと交感しながら原稿用紙に一文字一文字を埋めていく”作業”となる。大江さんは当時も今もそうだが、文章を万年筆で書いていく。ワープロやパソコンはいっさい使わない。それは不可侵の作業であって撮影クルーが周辺に立ち入ることなど許されるものではない。そう分かっていても、私たちは撮影したいと思った。特にその小説「燃え上がる緑の木」の最終節を書き込み仕上げる場面は逃したくなかった。

 大江さんという人はとてもダンディだ。五十歳を過ぎてもスイミングプールに通ってからだを鍛えていたのでスリムだったし歩き方も膝がすっと伸びて美しい。奥様の見立てだと聞いたがシャツやジャケットも実におしゃれなものを身につけていた。そういう人だから何時撮影に伺っても、髭はきれいに剃られ髪は整えられていた。

 プロデューサーである私はクルーに「大江さんの髭面をなんとか撮ってほしい」と指示した。よそ行きではない顔を撮ることによって、番組が予定調和で仕組まれたものではないというリアリティを示すことができると、私は考えたのだ。

 そしてチャンスは執筆最終日におとずれた。
 その日は朝から大江家にバッハの「マタイ受難曲」がかなり大きな音で流れていた。最後の節を書き上げるうえで、大江さんはその音楽を聴いて気分を高揚させていた。数日前から大江さんの徹夜は続いていた果ての「マタイ受難曲」だったので、その日に「燃え上がる緑の木」最終章の第一稿が出来上がるだろうという予想がついた。

 リビングに現れた大江さんは見事に髭面だった。体はきつそうであったが、目がらんらんと光っていた。ゆかり夫人に向かって髭をそらなくてはと呟いた。夫人は「そういう顔もいいわよ」と答えた。すると――
「いや、そう言ってくれるのはあなただけだ。私はもうすっかり60近い汚らしいジジイだ」と嬉しそうに語りながら洗面所へ向かうのであった。

 現在の私は、あのときの大江さんよりも年長になっている。私もすっかり60のジジイだ。あのときの大江さんのもっていたエネルギーを、なんとか私も持ちたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-05-05 12:25 | シリーズ作品回顧 | Comments(1)
Commented by at 2008-05-05 22:03 x
伊丹さんの視線を意識しながらの取材というのは大変だったのではないでしょうか?それとも士気が上がるような気分なのでしょうか?
ひげ面が予定調和を崩す小道具だとは、、
面白いお話ありがとうございます
<< 子供と大人と 風薫る >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧