人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

新宿東口お多幸

太宰さん、教えてください

新宿のお多幸に行った。熱燗とちくわぶとスジと大根。これっきり。コップ酒をちびちび呑んで、一息ついて新宿の町に出て、目黒へ向かう。

連休の中日、会社に行ってもしようがないけど、家にいたってハカがいかない。当初はりきっていたほど読書に気乗りしないし、テレビも見る気がしない。

太田治子の新著の「石の花——林芙美子の真実」を読んだ。太田が生後3ヶ月のときに、林芙美子が小田原の太田の家に現れて、養女にしたいと告げたことから物語は始まる。まだ途中だから、どんなふうに展開するかは分からない。
この二人の出会いのとき、太宰治は他界していていない。父を失った赤子は、林に抱かれてすやすや眠っていた。

お多幸―太宰がときどき通った店。
そのカウンターに座って考える。私よりも30歳年少となった太宰に教えを乞いたい。どうやって生きたのですか。つんのめるようにして、慌ただしく去っていたのはなぜですか。どうやって、それを可能にしたのですか。

中年面をさげて、処世的なことを語っても、どこかで違うと声がする。
太宰のように、新宿からふらりと電車に乗って、山梨の山の中まで行ってみるか。月見草と富士が見えるところまで。途中に井伏さんが住んでいる荻窪があるだろう。そこを通過するとき、太宰はどう思っていたのだろう。
三鷹を通れば、そこに待っている家族があった。どうやって振り切って行ったのだろう。

お多幸の壁に値札が下がっている。しじみ汁とある。お酒の後にどうぞと書かれて、フェルトペンで「しじみ汁」とある。
しみじみ、と見えてくる。

隣の若者が店の親父を相手に憤慨している。人材派遣の会社なんてピンハネのし過ぎだ。元請けからもらっているのは日立てで1万はあるはずなのに、俺らのところへ来ると全然足らない額になっている。ひでえもんだ。たかが口入れ屋がさ、あんなにもうけていいのか。

良かない。(怒れ。若者よ、立ち上がれ。)と心の中でつぶやく。
こんなときに、中原中也は人の気持ちをよむようにして、喧嘩をふっかけたのだろうな。太宰もその餌食になった。それを見かねて檀一雄が中原に殴り掛かったはずだ。

あんたたちが生きていた時代がよかったなんて言わない。あんたたちにも言わせない。
でも、貧しい5月の黄金週間。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-05-01 07:52 | Comments(0)
<< 夢で会えたら 24三昧 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧