人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

書かずにいられない

書かずにいられない

布施明の歌で「恋」というのがあった。

♬会っているときは何ともないが さよならすると涙が出て来ちゃう
会うたびに嬉しくて 会えばまたせつなくて 会えなけりゃ悲しくて
会わずにいられない ・・・

小島政二郎という作家がいる。芥川龍之介,菊池寛や久保田万太郎らと友達だった人だ。経歴的にいうと、万太郎と同じ下町に育ち慶応で学んだ、同じ境遇だ。だが、前の3人に比べて小島の文学はぱっとしなかった。次第に大衆文学というか、通俗小説を書くようになる。きっと、内心忸怩たるものがあっただろう。

龍之介は30代、万太郎も50代で死んだ。政二郎は長生きした。90代まで生きた。生き延びたというか生き残った。
すると、菊池や万太郎のことや文壇の裏話をなんでもかんでも書き始めた。小意地の悪いまなざしで、故人の不都合なことや不具合を書いた。
読者にとっては文豪や文人のウラが割れて面白いが、朋友としていかがなものかと思うほど、あけすけに書いた。
例えば、万太郎の生家の家業は小島と同じような小間物の商いをしていたのだが、ふくろものやとか何とか言って小商売だと言わんばかりの筆致だったと記憶する。ヤツぁたいしたことなんかないんだと言わんばかりだった。菊池には田舎者めというまなざしが確かにあった。芥川だって偉そうにしているけど、こんな些事にぐちゃぐちゃ拘泥してたんですぜとばらす。そのくせ、いつも気になっている人だということで、本の題名は「眼中の人」。

言ってみれば、「後だしじゃん拳」の筆法ではないか。当事者、関係者が物故してからやおら立ち上がって、実はあのときはああだった、こうだったと書いた。死人に口なしだから誰も反論しない。しかも、話としてはよく出来ているというか面白いのだから始末におえない。

最近読んだ、四方田犬彦の文章もそれに近い。彼の師匠の由良君美について書いていた。狷介なこの人物は、当初、東大教授という立派な人格者として著者の前に現れるものの、弟子が成長していくと次第に嫉妬するようになる。そして、ついには嫉妬の苛立ちから感情を抑制できずにその弟子に手を上げてしまうという顛末だ。

由良という人物像が浮き彫りになっていて、話としては面白いのではあるが、そこまで書くのかとツッコミを入れたくもなる。誰かが、後味の悪い書だと批評しているのを読んで、やはりと思った。

小島にしろ四方田にしろ、書かずにいられないタイプだ。黙って墓場までもっていくのができないのだろう。こんな得難い”物語”を闇に葬るなど到底できないと思ってしまうのだろう。しかも、小島も四方田も文章がうまい。

書くたびに嬉しくて 書けばまたせつなくて 書かなけりゃ悲しくて
書かずにいられない ・・・

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-04-29 18:11 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 24三昧 赤坂サカス >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧