人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ことばの勉強室

ことばの勉強室

政治学者の山口二郎が「辞書を引くことの意義」を記していた。電子辞書はその言葉の意味だけが簡単に調べられるという便利さだけで成り立っていて、その周辺の言葉に広がっていかないということを不満に思っていることに共感した。たしかに紙の辞書を引くと、その言葉だけを参照するだけでなく、その周辺の語句まで知見が広がる。私が愛用するのは角川の類語国語辞典で、著者は大野晋のやつだ。これは、お目当ての言葉から類似の語群に広がり、読んでいて楽しい。こういう喜びがパソコンという機械の発達でなくなった。当然、辞書を引かず電子辞書に頼る人の言葉のふくらみがなくなったといわれるのも故なしとしない。

新しい言葉を知ると楽しいものだ。今朝、覚えた語句を備忘のため書いておこう。といっても歳時記にある季語だから、一般的でないかもしれないが、日本語とは本当に美しいと思わせる言葉が並んでいた。

「遍路」は春の季語とは初めて知った。たしかに遍路道に咲く菜の花といった風景が浮かんできて、春霞の中をゆくお遍路さんが似合っているのだろう。ただ、晩秋の暮れてゆく道に一人行くお遍路さんも悪くないと思ってもみる。その場合は「秋遍路」とすればいいのだろう。

季節は秋だが、虫の声がある。この言葉のバリエーション。うるさいばかりに虫が鳴いているのは「虫しぐれ」。そんな夜を「虫の夜」。姿は見えないが鳴いているさまは「虫の闇」。
だんだん鳴く声が小さくなっていくのは「すがれ虫」「残る虫」。日本語は豊かだ。

水原秋桜子の俳句の評釈を読むと、ずいぶん言葉に敏感な人だと思わされる。烏頭子の次の句をしっかり見抜いて、いや句の景も情も読み抜いている。
街道のまん中に落つ蛍かな 烏頭子

道の両側に草むらがあって、そこから蛍がふらふらと上がって、あるいは対岸の草原に落ちたり、あるいは道の真ん中に落ちたりという景を詠んでいる。私にはそこまでしか読めないが、秋桜子はこれは月の出ていない暗い夜とみる。
〈星はまたたいているが暗い夜だ。…この句は街道に落ちる蛍火だけを描いて、月なき夏の夜の暗さを遺憾なきまでに現している。〉
たった17文字のなかに宇宙を読み取る俳人というのはすごいものだ。

三井寺の花の散りくる軒端かな  素夕
大きな景のなかから、三井寺と麓の家の軒端、それに落花を配しただけだが、光景が目に浮かぶと秋桜子はほめる。この作品などはきわめて映像的な句だ。軒端に花びらが落ちてくる。これはミディアムなサイズのショットで押さえる。カメラはゆっくりズームバックして画格を大きくしていく。最後まで引ききると、画面の上半分には壮大な三井寺の伽藍がある。下半分には小さな山家がある。春の夕暮れの穏やかな眠くなるような情景だ。
言葉が持つ表象性(representation=再現性)をあらためて思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-04-25 17:43 | Comments(0)
<< 藤の雨 ふき泥棒 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧