人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ついつい入り込んで

ついつい入り込んで_c0048132_22281857.jpg
ついつい入り込んで
ついつい入り込んで_c0048132_22285613.jpg


実家へ戻り、長く保存しておいたビデオテープを整理する。貴重な映像も放送という日の目を見ないまま消されていく運命に耐え切れず、一部個人としてコピーしておいたものに、風を当てようと2階の子ども部屋のダンボールの箱を開けて動かす。

 家は母一人になったので、3人の息子が悪いことばかりしていた部屋は現在空き部屋で、3人の子どもらの思い出の品々が保管されて詰まっている。10年ほど前までは、こんな辛気臭いものなんか早く捨てろよと文句を言っていたのだが、この頃はガラクタが懐かしいものになっている。

中学校の卒業アルバムが出てきた。野球部のメンバーに、先年死んだヒロセくんがユニフォームを着て、仲間と笑って写っている。体操部には北朝鮮に帰ったと聞いた春玉さんが平均台の前でポーズをとっている。死んだり去ったりした人物だからだろうか、その笑顔や澄ました顔が驚くほど透明だ。ついつい、入り込んで部屋に座り込んで、ガラクタを引っ掻き回す。

大学時代の資料の箱が出てきた。中に私のノートがある。驚くほどブランクだらけつまりまったく勉強している様子がないノートだ。ノートの最初だけ書き込みがあるものの、大半は空白で、巻末には漫画をいっぱい描いている。当時、退屈しては劇画風の殺し屋とか逃亡者とかをせっせと描くのが好きだった。いかに勉強していないかは、このノートで一目瞭然だ。

文藝部の機関誌が出てきた。その部員だった学友が、私にこの詩人を読めと言ってくれたものだ。彼は神戸の出身で、名前が「滝の白糸」の主人公と同じ欣哉といった。その欣哉が紅潮した面持ちで薦めてくれたのが吉岡実と黒田三郎の詩集だ。

その学友は失恋したときに、黒田三郎の詩を思いいれたっぷりに私に読んで聞かせたことがある。窓の外にはボタン雪が降っていた。火鉢に手を炙りながら、私は欣哉のあの冬の朗読を感動して聞いていた。彼の失恋に同情して、その苦悩を共有しようと、私も深刻な顔になっていたのだ。

  ――僕は夜の道をひとり
  風に吹かれて帰ってゆく

  新しい航海に出る前に
  船は船底についたカキガラをすっかり落とすといふ
  僕も一度は船大工になれると思ったのだ
  ところが船大工どころか
  たかが詩人だった

「ひとりの女に」の中の「たかが詩人」という詩だった。

フシギなものだ。赤く日に焼けたわら半紙の謄写版印刷の文字を追っていると、あの頃に意識はずんずん帰ってゆく。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-04-21 22:29 | Comments(0)
<< タイムカプセル 京重くして >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧