人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

京重くして

京重くして

実家に帰った。春先に寝込んだと言っていた母も、なんとか快復していたのでやや安心したが、今朝も早くから家を出て掛かりつけの病院へ点滴を打ちにいった。
 
母は昔の私ら子どものものを後生大事に何でもとってある。そんなものの中に、私が脳内出血を起こしたときに書いたメモまである。入院3日目か4日目の朝にまだ私の意識が少し残っているときに記した書きつけである。すっかり忘れていた。というか、そんなものを書いたことを覚えていない。だが、明らかに、私の字だ。字が乱れていて判読しにくい。しばらく考えて、文意の見当をつけた。

京重くして明日軽(ろ)しや越・加賀路 十六面観音さまよう地に

最後の文字「に」は自信がないが、あとはそんな読みになっているだろう、と思う。
歌の意味はまったく通っていない。「昨日の夢は京の夢」とかいう伊呂波カルタの文句でももじったみたいな冒頭だ。今日は病が重いが、明日には軽くなっているだろうという願望を京都と越前、加賀という地名を織り込んで上の句で語り、それらの地を慈悲のシンボルとしての十六面観音がさまよっている、もしくは十六面観音とともに「私」がさ迷っているという、意味のつもりで作ったようだ。自分で書いておきながら他人のことのように語ってしまうのは、おそらく脳出血による意識混濁の状態にあったときの歌だからだ。

読んで少しせつない。
13年前、倒れてショックを受け、早くよくなりたいと願って書き付けたのだろう。母の証言によれば、ベッドに起き上がって何か紙はないかと言ってこの文句をたどたどしく書いたという。なんとか、この病気が明日にでもなってよくなって欲しいと祈っていたのじゃないだろうか。今日は重篤だが明日になれば幸運が「来る」、つまり来しという掛詞にしている。青春の彷徨の地である敦賀や金沢に。

 しかし、13年前には将来京都の大学に通うことなど予想もしなかったのだが、今になってみると、私の後半生に京都は大きい。
 昨今、そんな闘病のことも忘れて不平を口にすることも多いのだが、こうして命を得ているだけでもよしとしなくては。と殊勝なことを、このカレンダーの裏紙に書かれた自分の字を見て思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
京重くして_c0048132_1092294.jpg

by yamato-y | 2008-04-21 10:02 | 魂のこと | Comments(0)
<< ついつい入り込んで 夕暮れの近江平野 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧