人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

キエフ

キエフ

昨夜、四条大橋の東山側、南座近くにあるレストラン「キエフ」に行った。
先日読んだ、佐藤優の「私のマルクス」に幾度も登場するバーとして心に残っていたからだ。30数年前、同志社神学部の学生だった佐藤は政治活動の合間によくこの店にたまって議論をしたと回想している。店のオーナーは加藤登紀子の父で、戦前ハルピンでインテリジェンス方面で活躍したこともある立志伝的人物だったらしい。

店は6階にあった。初老の女性が受付に立っていたので、「食事ではなく、酒だけなのですがいいですか」と問うと、どうぞと言ってテーブルに案内される。
まずズブロッカを頼む。サラミが付いてきた。香草入りのこのウォッカは私は好きだ。
小腹が空いていたのでボルシチも注文する。
2杯目のアルコールで、佐藤が薦めていたウォッカを飲みたいが、名前を失念した。マネージャーと思しき愛想のいい男性に事情を話すと、莞爾として「あちらのお客様も佐藤さんのウォッカを尋ねていました、今夜は二組目になります」と答える。どうやら、最近この店は「私のマルクス」を読んだファンたちがよく来ているらしい。

酒の名前はストリイチナ。崩壊する前、ソ連時代に製造されたロシア人好みのウォッカだ。実際飲み比べると、私にはズブロッカのほうが美味かった。それからのマネージャーの薀蓄は長かった。店の来歴、店主一族の消息、来店する客層の多様さなど、15分近く膝を折って私の耳元で話す。いささか、私はうんざりしたが、顔だけはにこにこする。(自分でも意外だがちゃんと社交もしている)

キエフと京都は古都ということで姉妹都市になっているとは知らなかった。ロシア、ウクライナ、ベルルーシ、キエフなど旧ソ連邦の要人は来日すると必ずこの店に寄るらしい。
店ではコンサートや老子を読む会、シルクロードの会などさまざまなイベントを催しているが、その中に旧知の人物がいた。

女優の山之内重美さんだ。ロシア語で楽しく歌いましょう「ヤーマチカと歌おう」というコンサートを2ヶ月毎に開いていた。今から30年前にロシアアバンギャルド研究会でいっしょしたことがある人だ。長くNHKのロシア語講座にも出演していた。なるほど、ここは関西のロシア文化の本拠地のような空間なのだ。

店は広々としていて、鴨川を見下ろすいい場所にある。居心地も悪くない。値段も思った以上に高くない。また来ようと思って、店を後にしたのが10時だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-04-19 09:28 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 京の晴れ間 菜の花の河原 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧