人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

やっぱり、こんな人もいる

やっぱり、こんな人もいる

ハイデガー問題というのがある。
ドイツの哲学者、マルティン・ハイデガーの生き方の問題だ。
彼は20世紀最大の哲学者と評価される一方、その生き方は実に狡すっからい。
時勢の流れるまま、カトリックからプロテスタントへ、神学から哲学へ、と宗旨を変えている。そればかりか、ナチスが台頭してきたときに、彼を引っ張ってくれた師匠であるフッサールがユダヤ人であったということで白眼視され冷遇されたときも、彼は知らぬ顔の半兵衛をきめこむ。失意のなか、フッサールが1938年に死去したときも、ハイデガーは弔問にも訪れない。

一番問題になるのが、彼はナチスの党員となって突撃隊にその存在意義を鼓舞までしたことだ。
ナチスの引きもあったのだろう、やがて、フライブルク大学の学長までなる。そして、時の権力に阿(おもね)る、いや自ら先頭に立って、ドイツナショナリズムを吹聴しまくるのだ。「闘う学長」とまで呼ばれる。

戦争が終わって、ナチの犯罪が次々に暴かれても、彼は言い逃れをして生き抜いていく。
しぶとい。

これほど、悪行を重ねていても恬として恥じず、自然死を得るのだ。しかも、西洋哲学の最大のアポリア存在論に大きな貢献をしたと評価までされる。
なんだか理屈に合わない気がしてならない。正義はきっと勝つ、などとは言わないが、悪い人でもそれなりのポジションが与えられるというのはなかなか承服しにくい。

そのうえ、私生活においてもフシギな生き方をするのも、私はハイデガー問題として付け加えたいのだが。彼がマールブルグ大学で助教授を勤めていたときに、ユダヤの美少女(当時18歳)ハンナ・アーレントと出会う。そして不倫の関係に陥る。

関係が破局をむかえ、アーレントはアメリカに亡命して、ナチと戦うことになる。
戦後、二人が再会したときも、ハイデガーはナチとの関係を弁明すると、あの賢明にしてフリッパントな(蓮っ葉な)アーレントがその話を信じたという。そして、彼女はこうまで言った。
「嫌いな人の真実よりも、好きな人のうそがいい」

どういうことだろう。世の中には分からないことがたくさんあるものだ。こんな人格をぜひ藤沢周平の世界に投入させたい。悪い男の魅力みたいなものを描いてほしいな。
でも、私としては、最後はベビーフェースがヒールをやっつけるという新日本プロレスパターンにはしてほしいのだが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-04-16 13:53 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< なるように、なる↑ 一人新宿で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧