人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

乗組員

乗組員

20年前、私はシカゴで原爆のときに発生した黒い雨について聞くために、長崎原爆を投下したB29のパイロットに会ったことがある。
レイモンド・ギャラガ―。彼は広島爆撃にも参加している。イタリア系の話し好きの気のよさそうな親父だった。彼は、爆撃に際しては細心の注意を払って晴れた日を選んで出撃したと証言した。その後で雨が降るなどとは微塵も考えていない。真夏の暑い日にまさか雨が降るとは予想をしていなかった。

 ところで、この会見で聞いた話のことでずっと気になっていることがある。それは、もし原爆の投下が不可となった場合、帰りの飛行で海に爆弾を投下するよう指示されていたということだ。というのは爆撃はレーダーを使わず必ず目視投下することが条件だった。有視界爆撃が出来ないのなら、任務を中止して帰還すべし、その帰路に爆弾を海に捨ててこいというのが軍上層部の命令だった。だが、ギャラガ―が語った言葉は意外だった。

「テニアンを出発してまず下関へ一路向い、次に原爆投下目標として我々は小倉に向った。小倉は目標地点が雲に覆われていた。3回、投下を試みたが、目標地点に小さな雲がかかっていてあきらめることになった。」

アメリカの目標選定委員会は、攻撃目標に広島、小倉、新潟、長崎の4つの都市を候補に挙げていて、広島の次は小倉をねらっていた。ところが前日の空襲で小倉には燃え残りの煙がたなびき、雲がかかっていたので、爆撃機は小倉を断念し、次の候補都市長崎へ向う。その機内で話されたことをギャラガ―は打ち明けた。

「長崎に向ったとき、機長のチャールズ・スィーニーは爆撃責任者のアシュフォードをコックピットに呼んで当面の重要な問題について協議した。それは、つまりこういうことだった。見ながら爆撃する目視投下が無理ならばレーダー投下しかない。少なくとも沖縄の基地まで持って帰るには、爆弾が重過ぎて燃料が持ちこたえられない。」
機長と爆撃手は意見が分かれた。
「アシュフォードは『私は、本部から目視投下を厳命されている』と主張した。するとスィーニー機長はにやっと笑ってこういった。『一応15分間待つけれど、もし長崎に投下しないなら、海に落すしかないぞ。だって沖縄まで持って帰れる状態じゃないのだから』」
作戦終了後、B29は最寄の沖縄に帰還する予定だったのだが、重量が重いと航続距離が短くなることを機長は暗示したのだ。

5分後、爆撃機は長崎上空にやってきた。そこも厚い雲に覆われていた。そのとき、アシュフォード爆撃手が決意したと、レイモンド・ギャラガ―は証言する。

「『私がすべての責任を負おう。もし目視投下ができないならば、レーダーで爆弾を投下する方法を取る』緊張した面持ちでアシュフォードは言った。私は、ではレーダー爆撃でやるのだなと推測した。原爆がセットされ、B29のハッチが開いた。レーダーによって原爆を投下しようとしていたその時、爆撃手のビーハンが雲の裂け目をみつけたのだ。ただちに機はビーハンの支配下に入った。機の高度や方向などすべて、ビーハンのコントロールのもとに置かれ、照準が合わされた。そして、ビーハンは原爆をB29から放り出したのだ。」

 最高責任者のスパーツ戦略空軍司令官は「有視界爆撃」を絶対条件にしていたが、現場は違っていた。そして命令に反してレーダーで投下しようとしていた。それは帰りの負担を軽くするためになら、目視でなくてもやっておこうという、現場判断だったのだ。おそらくB29の乗組員たちは原子爆弾というものの途轍もない破壊力、非人間性などということは分っていなかったのだろう。
だが、その時、「不幸にも」長崎兵器製作所の建物が雲の切れ間から見え、レーダーでなく目視による投下が実行されることになったのだ。

 現在のギャラガ―自身は、その行為をどう思っているのか聞きたいと私は思った。
あの原子爆弾で長崎だけでも10数万の人が死傷したのだが、あなたはその事実をどう思うかと、私は質問した。それには、彼は直接答えず、彼の私製の封筒を私に見せた。その封筒には原爆の写真と一つの標語が記されてあった。「原爆が戦争を終結させた」

 彼がカトリック信者だと知って、私はさらに質問した。「ナガサキは日本でも有数のカトリックの信者の多い街だというのは、どう思うか」彼は、幾分遠慮した口調でこう言った。
「原爆の投下地点は、作戦会議終了後乗員全員で検討して決めた。我々の意見では(長崎の)谷間の奥で一致した。そこにはミツビシ工場があって、不運なことに住宅街もあったのだね」


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-04-12 19:44 | 30年の自画像 | Comments(0)
<< 冷たい雨が降る朝に 朝の挨拶 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧