人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

さよならも言わないで別れたよ

さよならも言わないで別れたよ


「ノルウェーの森」ではないが、ぼくが乗った東京行きの飛行機はぐんぐん雨雲の中を駆け上がってゆく。ヘッドフォンから流れてくる機内放送は、ガロの「学生街の喫茶店」。そのなかのフレーズが「さよならも言わないで別れたよ」。
窓ガラスに上から下へ流れ続ける雨のしずくを見ながら、この言葉を繰り返しなぞる。声に出さないで。小松の町が小さくなり日本海が見えて、大きな中部山脈に向かって飛行機はぐんぐん迫ってゆく。僕は東京へ帰って行く。

・・・ぼくらの学生時代、学生運動が負け戦になりはじめた頃だったから混乱していた。昭和44年から45年の頃だ。安田講堂が落城し、よど号が赤軍によってハイジャックされた。研究室の中も対立していた。顔を付き合わせると互いの路線を主張する不毛な議論を続けていた。代々木支持のゼミ仲間とも敵対していたから、学生生活の終わりの頃はほとんど研究室員とも口をきいていない。何のけじめもつけないまま別れ別れになった。45年3月、卒業式にもぼくは出ていない。ぼくの両親は式に来てはみたものの息子は見当たらず、仕方なく息子の親友と記念写真を撮っている。

ぼくは金沢の町にアンビバレンツな思いがある。恋をした街であり恋を失った街だった。
だから、長くさまざまな思いを封印してきた。
昨夜、浅野川のさらさら流れる瀬音を聞いて、東山のシジマを見ているうちに、懐かしさがこみ上げてきた。初老のセンチだ。いいじゃないか。60になって、青春を顧みて沈んでいるなんて。

今回の旅は、「舞踏会の手帖」だ。でも予想に反して(内心分かっていたが)、たくさんの人が物故していた。まだ死ぬ歳でもないのにたくさんの知人仲間があの世へ旅立っていた。60を前の死だから自然死ではない。ある者は自死であり、ある者は植物状態のうえでの死であったりした。
センチな思いなんてすぐ消えた。空漠たる思いが3月末の空に舞い上がる。懐かしい思いが吹き飛ばされることになる。口惜しい。「さよならも言わないで別れたよ」
きちんと、さよならを言わないで別れたよ。ジローさん、イシカワさん。

東京に着いたら、東京も雨だった。しかも肌寒い雨だった。息を吐くと白い。寒さがぶり返したようだ。桜はこれで終わるのかな。
今回の体験を、今夜じっくり考えてみよう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-03-30 18:40 | Comments(0)
<< 別れと旅立ちのとき 2つの疑問 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧