人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2つの疑問

2つの疑問

昔から、映画を見ていて不思議に思っていたことが2つある。

一つは時代劇の”切られた人”。主人公によってバッサバッサ切られる侍たちの人生だ。おそらく下級武士だろう。
悪い家老のとりまきでいて、大団円になると、まるで大根のようにスパスパ切られる。少なくとも二十歳を越えたいい大人だ。時には中高年となった者もいる。この人たちがまったく顧慮されずに斬殺されるのだが、この人たちだっていろいろ苦労があって青雲の志を抱いて成人したであろう。その生涯がこんなに簡単に紙より軽く扱われるということが理不尽に思えて仕方がなかった。

もう一つはラブストーリーのその後である。若い男女が苦難を越えて最後にいっしょになるというハッピーエンドの物語。
この後、二人はどうやって生きるのだろう。黄金時代が老人となり神が二人を分つまで続くとは思えないのだ。途中で飽きるなどは当然だし別れることだってあるじゃないか、と映画の終幕を見ながらいつも思っていた。

一つ目のことは藤沢周平を読むようになって、下級武士にもそれなりの味わい深い人生があると知って、なんとなく納得できるようになった。

二つ目のことは、昨夜なにげなく見たバラエティ番組から思い出した。若い男はフリーターだったが、今度仕事についた。それを契機に8歳年上の女性に結婚を申し込もうとしている。ところが、かつて喧嘩して男が2ヶ月間失踪したことがあって、その女性は結婚に対して踏み切れない気持ちでいるらしいと、男が番組に相談する。そこで、その男の思いを実現するために、大掛かりな仕掛けで女の心を捉えるような「夢」を作り出す。
最初は半信半疑だったのが、最後に男がエンゲージリングを差し出すと、女は大つぶの涙を流して「私はほんとうに幸せだ」と大泣きする。その間、若い男は本当にやさしい。自分の前非を悔いて「きっと幸せにするからね」と何度も告げる。

見ているうちに憮然としてきた。「神田川」の一節が浮かんで来た。
♬何もこわくなかった ただ、あなたのやさしさがこわかった

この歌は以前から悲恋を描いているとなんとなく思っていたが、その理由がやっと分かった気がした。(本当に鈍いな)

ラブストーリーの人生の結末はどうなるのか。これらのなかで、最後まで添いとげるのは幾組あるだろうかと、スクリーンのエンドロールを見ながら思ったものだ。

ただ、納得したケースもある。「ローマの休日」だ。身分の違いからいっしょになれるなんてことはないにしても、王女も新聞記者も遠い将来ふとしたときに、このラブアフェアーを思い出すこともあるだろう。そんな「想起」のなかに生きて行くことはあるだろうなあと思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-03-29 09:48 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< さよならも言わないで別れたよ 桜尽くし >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧