人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

東中野の巨匠

東中野の巨匠

一昨日、ようやく仕事の段取りが見えたと分かったとき、5時間だけ現場を離れた。
吉祥寺のレストランで田沼先生を囲む会が開かれていて、そこへ出席したのだ。開始時刻は6時半だったが、赤坂で私の仕事を閉じたのが7時40分だった。
今からでは遅いかもと思って会場に電話をすると、先生が待っているよと嬉しい返事。大急ぎで地下鉄で荻窪まで向かい、バスで東善福寺まで行った。

OHWADAという小洒落たレストランに、写真家の田沼武能夫妻を中心に先輩ディレクターら3人と、店主の大和田夫妻が加わって宴が開かれていた。
田沼さんは現代の日本写真界を代表する名カメラマンだ。早くから「ライフ」の契約カメラマンとして活躍し、人間ドラマや世界の子供たちを撮り続けて、2003年には文化功労者に選ばれている。私も先生との付き合いはかれこれ30年になる。断続的だが、いくつも大事な番組を制作させてもらっている。4年前のアジサイの季節には、大磯の我が家にもご夫妻で立ち寄っていただいた。

3年前に、ETV特集「木村伊兵衛」を制作したときは木村の一番弟子であった田沼さんにはひとかたならぬお世話にもなっている。この番組を通して、田沼さんの下町気質は師匠譲りであることを発見したものだ。

『真像残像・ぼくの写真人生』(東京新聞出版局)という新刊書を田沼さんは1月末に出した。田沼さんの写真人生のエッセーに多数の写真が掲載された贅沢な本だ。その豪華な本を私宛に送っていただいたのだが、あいにく留守をしていて私は受け取っていなかった。そこでこの宴で私に渡そうとは、東中野の自宅からわざわざ持って来てくださったのだ。さっそく私は先生から直々にいただくことになり、恐縮しっぱなしとなる。
今夜、その本を読んでいて、私も関係した出来事が出て来て嬉しかった。7年ほど前になるか、「世界わが心の旅」で先生に出演していただいたのだ。スペイン、カタルーニャ地方を旅してもらった。そこで出会った羊飼いの少年の話がしたためられてあった。

先生は今年79歳だがはつらつとしていて見えない。今年もユニセフ親善大使の黒柳徹子さんとともに紛争区域へ取材に行くということだ。
そして、これもよく知られているが先生は50を過ぎてから結婚した。そのとき話を聞かされて驚いた記憶がある。しかも相手の女性とは二周り以上の年の差があったと知って魂消た。田沼敦子さんである。聡明で屈託のない歯科医だ。しかも料理が得意でNHKの番組にもときどき登場するほどの文武両道の達人だ。2度ほど、その手料理(というよりプロの域に達しているのだが)をいただいたことがあるが絶品である。この壮大な年の差結婚の経緯を敦子さんが書に著しているのが、ぜひ読んでほしい。素晴らしい「純愛」物語なのだ。

この魅力的な夫妻のことは、とても一言では語れないから、また機会を改めて書こう。

さて、この会場となったレストランの女主人は、大和田りつこさんだ。「楽しい教室」とか「ワンツー・どん」とかで長く歌のお姉サンを勤めてきた人で、むろん今も歌い手として現役だ。ご主人がこの店のシェフでありオーナー。この夜の大和田夫妻のもてなしぶりも堂にいったものだった。

楽しい時間は早く過ぎる。11時過ぎお開きとなる。いささか酩酊した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-03-21 00:40 | Comments(0)
<< 17年蝉 寄りかからず、ではなく >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧