人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ペシャワールの洞窟

夢をどう読むか

再寝して夢をみた。
8人乗りの大型ジープに乗り込んだ。私は2列目の真ん中に入る。右ドア側には高齢の牧師が座る。左は若者らしい。後部には女子大生たちがわいわい騒いでいる。

バビロニアかアッシリアの遺跡が残る砂漠地帯をジープが疾走する。砂塵が舞うが不快ではない。
乾いた風が頬を撫でる。

途中、昼なのにうす暗がりのなかで夜店が延々と出ている。地元の祭だろうかとつぶやくと、隣の牧師は「祭か企業の仕業か分からないけどね」と皮肉を言う。この人は痩せこけていて鶏ガラのような体つきで、銀髪の下に赤ら顔がある。
なおもジープは砂漠地帯を走る。小高い丘の麓まで来て車が停まる。

背の高い黒人のポーターが牧師を連れて、洞窟の中へ入って行く。私も後を追う。手にはカメラとライトを持っている。
砂が侵入して洞窟の上半分しかない空間に黒人と牧師が立っている。どうやら、洞窟の説明を牧師は受けているらしい。よく見ると、彼らの前の砂の壁には何か大きなものが描かれてある。

エジプト風の象形文字に出てくる動物の絵が彩色されてあるようだ。私はこれは撮影に値するものと判断して二人に「すぐにこれを撮りたいから、ちょっと横によって」と要請。
ライトをつけてカメラを向けると、その絵は思った以上に大きい。さらに、下手の壁には鳥の顔をもつ神官が足を伸ばして座っている図があり、それも撮影。その隣に輝くものがあるから何かと見ると、大きな鏡があった。四角い大きな鏡が砂の壁にはめ込まれている。

暑いが不快でない。だらだら汗が流れるような湿気がないからだ。
私はアレキサンダーの遠征した道の砂漠地帯にいるような気がしている。一夜にして滅んだというバビロニアの古都、ペシャワール周辺の砂山に私は立っている。

目を覚まして、夢の記憶をすぐに言葉に移し替えた。書き上げて、読み直すと、夢のイメージが断片ながら想起される。この場合のイメージというのは完全な映像とはいえない。
ところどころ言葉そのもののようなイメージもある。夢とは映像か言語かどっちだろう。それとも絡み合うものだとすると、それは具体的に再現できないかな。

この夢は番組と明らかに違うのは、黒人ポーターの突然の登場だ。番組であれば唐突で不自然だが、夢での出現では私は「さもありなん」と納得している。この納得という心理状態はこの記憶のなかのどこに置いてあるのだろう。
どうも、今の映像文化にはもう限界に来ているような気がずっとしていて、新しい表現方法を立ち上げてみたいと考えている願望がこの夢になった気がする。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



by yamato-y | 2008-03-15 09:20 | 魂のこと | Comments(0)
<< 短い長い人生 余計なお世話だが >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧