人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

死ぬことを知っている

死ぬことを知っている

ヒトやサルは霊長類と称される。この言葉はおそらく英語の日本語訳であろうが、そもそもこの霊長というのはいかなる意味でつけたのだろうか。以前から気になって仕方がない。この場合の霊というのは魂というほどの意味なのだろうか。魂をもった類存在ということか。この霊長類の動物には魂があるということか。

ヒトの場合は自分を振り返って考えると納得できるが、サルの場合は魂があるとは思えない。動物の中でもかなり進化したサルという存在ですら魂というものを保持しているとは思えないのだ。だが、これも根拠があるわけでなく仮説でしかない。ひょっとすると、サルにもあるかもしれない。ヒトがそれを理解できていないだけかもしれない。これって「他者問題」によく似ている。

さて、この霊長ということを考える要件の一つはこれかなと思う事例を挙げる。
あらゆる動物の中で、ヒトだけが死ぬことを知っているということだ。死ということを現認できることもあるが、いつかは死ぬという未来の蓋然性もヒトは知っているのだ。これは他の動物とは大きく異なる点だ。
では、サルはどうなのだろう。ヒトとサルの間にはかなり大きな溝があって、この認識はサルにはないと推測される。これも推測だけであって、事実認識とはならない。そう見なしているに過ぎない。

以前、「人体」というテレビドキュメンタリーで類人猿の葬送の儀式を紹介していた。数万年前彼らが生息していた洞穴の一角に”墓地”があって、その遺骨とともに花粉が混じっていた。これは葬るときに花を供えていた証しだという。だから類人猿は死ぬということを知っていたようだ。ヒトと類人猿は地続きかもしれないが、サルと類人猿は分かれているといえそうだ。

ではなぜヒトもサルも類人猿もからめて霊長類と分類するのだろう。そのように分類したほうが都合よい事象が動物生態学のような分野ではあるのだろうか。

元にもどろう。ヒトだけが死ぬということを予め知っているという存在だということ。これは苦しいことであると思うが、このことが単に生きている生物と違う点となると、この苦悩がヒト存在にとってどんな意味をもつのか、気になってくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-03-14 00:34 | 魂のこと | Comments(2)
Commented by monsieur-meuniere at 2008-03-14 03:39
面白いですね。人は死が存在することは知っている。しかし、死そのものは知らない。そういう引き裂かれた場所、不可能な場所にこそ、人間の「理性=苦悩」はあるのかもしれません。

ところで、yamatoさんは、ヒトには(サルにはない)知性があり、死が存在することを知っているからこそ苦悩がある、という考えかもしれませんが、僕は、その人間だけが持つという理性の特性の方にもっと注目してみるべきだと思っています。というのも、理性を持ってるだなんて、高級動物として威張っているフリをしていても、人間の理性なんて、かなり中途半端で未熟なものだと思うんです。例えば、人間の理性には、死の存在は知っていても、死自体は知れないという限界があります。僕は、おそらく理性にそういう構造的限界があるために、人間の苦悩があるような気がするんです。要は、死の内容すらも知ってしまう理性があるならば、苦しくはないはずです。死の存在は知ってても、死の内容を知れないからこそ苦悩する。死を知っていれば、怖くはない。少なくとも、ここまで恐れはしない。
Commented by monsieur-meuniere at 2008-03-14 03:39
そう考えると、「私とは誰か?」という問いを、その当の「私」自身に問うことが出来るのも、人間ならではの悩みではないでしょうか。「私は誰なんだ?」と、「私」に問うことの苦悩も死の苦悩と同じ構造から来ている気がします。私なんて知りようがないのに、私があることはどこかで確信しているから辛い。

つまり、それは問いを発する主体と、問いの対象になる主体が分裂しながら(矛盾しながら)同時に「この私の中」に存在する苦悩です。理性は時として、そういう風に人間を引き裂く気がします。

あるシステムの内部にいると、世界は無限に続くように見えて、一方でそれを客観的に見れば、世界は有限にも見える。カントが「純粋理性批判」の中でやりたかったことは、そういう理性の矛盾をつくことだと思うんですが…考え出すときりがないですね。長文失礼しました。
<< 余計なお世話だが 笑いの凄み >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧