定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

偕楽園の梅

偕楽園の梅

水戸に着いて、会合まで3時間ほどあったので、夕方だったが偕楽園へ行ってみた。
バスで駅から15分ほど走って、大工町停留所から御成門入り口まで歩いた。夕方、閉園近い時間だったせいか人影は少なく、やや肌寒い。

園内は思った以上に広く、かつ梅林が見事であった。
日暮れて梅あざやかに白となり
白加賀はまだ蕾なり水戸梅林

よく見ると、梅には一つ一つ名前が付いている。形も花の色も一本一本違うようだ。
御所紅(蕾)、白加賀(蕾)、白獅子(蕾)、八重寒紅(七分)、実生野梅(七分)、大盃(満開)、未開紅(満開)、水心鏡(満開)、内裏(蕾)、月宮殿(蕾)といった塩梅だ。それぞれ名前があるようによく見ると、枝ぶり、幹のねじれ加減、背丈が異なり一本一本に個性がある。

好文という言葉の説明があった。中国の伝説で、学問をよくすれば梅の花が開くというのだ。学問の神様、菅原道真と梅の逸話もこの伝説に由来するのだろうか。

梅林を抜けて、広々とした芝の公園に出た。偕楽園は丘の上にあって、下に那珂川の流れを望む。高台の縁(へり)まで行くと、夕闇に白く川が光り、高速道路の車列の灯りが輝きはじめていた。公園の中央に大きな桜の木が亭々として聳えていた。説明を読むと、京都の御所から運ばれたもので、「左近の桜」とある。これに花が付いたらさぞかし見事なものだろうと想像する。

時計を見ると5時を回っていた。急いで、会場に向かう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

c0048132_11234635.jpg
c0048132_1124063.jpg

[PR]
by yamato-y | 2008-03-08 12:58 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 遠くで汽笛を聞きながら 上野の駅から >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧