人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬のソナタの秘密4

キム次長のすてきな素顔

  韓国では連続ドラマの長さは69分であったり72分であったり一定ではない。日本で「冬のソナタ」が放送された時は全て同じ長さ60分に調節されている。実はカットされたところにドラマの仕掛けや伏線など「冬ソナ」のエキスが一杯あったのだが、ユン監督は断腸の思いで短縮したのだ。総合テレビで放送が始まって以来、元の形を見たいというソナチアンの要望がNHKに続々と寄せられた。そして局としては異例の放送を決定。12月にノーカットの「冬のソナタ」完全版をまとめて特別放送することにした。
その素晴らしさを広く知ってもらい再び「冬ソナ熱」を盛り上げるため、私は「冬ソナ」特番第4弾を作ることとなった。実は私は3本の特集をすでに作っているのだが、まだ知られてないことがあるということで「もっと知りたい冬のソナタ」と題して取材することにしたのである。
 早速白羽の矢を立てたのが、主人公の兄貴分でキム次長として軽妙な演技を見せ評判をとったクォン・ヘヒョさん(39)である。新潟中越地震の翌々日、ソウル大学路のスタジオで会うことにした。韓国はちょっとした演劇ブーム。たくさんの芝居が上演されている中でクォンさんの出演する「アート」が評判になっていた。クォンさんはうまい役者として注目されている。
われわれ取材班と顔を合わせたとき、彼は開口一番「この度の地震で、日本の被災者の方々はお気の毒で心配です」と眉をひそめた。心から悲しげで、誠実な人柄に好感をもった。
クォンさんは、ソウル特別市の北の郊外緑多い住宅街に妻と一男一女の4人で暮らしている。妻はシェークスピア劇で共演したこともある同じ劇団の女優(だった)ジョ・ユンヒさん。結婚して10年になる。3回流産したと悲しげに当時を語るキム次長、二人の間にはなかなか子どもが出来なかった。子宝に見放される度に犬を飼ったので2匹の愛犬は家族同様だと、家の近所の森を愛犬と散歩しながら言う。
 そして、長男ユジン君が誕生した。現在6歳になる。苦難のあげく授かった子だから、ひときわ可愛い。その5年後長女のジインちゃんが生まれる。いつしかクォンさんは子煩悩になっていた。
アウトドアの趣味はいかがですかと尋ねると、自然を変えるようなことはしませんという律儀な返事。クォンさんは自然保護を進めるNGOの活動に参加しているのだ。子宝に恵まれてから、命の大切さを痛感し、子どもたちの将来を案じて環境問題に取り組むようになったという。
あなたの楽しみは何かと尋ねると子どもたちの将来だよと照れくさそうに笑う。自分で思っているだけだがと断りながら、愛児たちが「国境なき医師団」に入って仕事するような人生を将来送ってくれると嬉しいなあと、夢見るように答える。
 夕刻、長男を迎えに女子大の付属幼稚園に出かけることになった。仕事がオフの時はいつも子どもと共に過ごすことを最優先にしている。それを撮影したいと言うと気さくに応じてくれた。午後5時、幼稚園の玄関に飛び出してくるユジン君に、クォンさんは手にしたサッカーボールをポーンと放る。息子ははしゃいでその玉を大きくキック。その後から級友たちもワイワイ集まってくる、入り乱れてのボール遊びが始まった。撮影のためのパフォーマンスでないのは、他の子どもたちがクォンさんにとてもなついていることで分かる。日がとっぷり暮れるまでゲームは続いた。
 すべて取材を終えた後、クォンさんは我々取材班を焼き肉店に連れていってくれた。彼のマネージャーも加わってミニ打ち上げとなる。その店の名物は珍しいウナギの「焼き肉」だ。日本の蒲焼とは違って、ウナギのぶつ切りが白身で焼かれる。焼けた白身と野沢菜のような漬物と合わせてサニーレタスに包んで食べる。熱々の身が冷たいレタスと合わさって美味だ。ここはなかなかの老舗ですよと、ちょっと鼻が高いキム次長。そしてドラマでも見せた「ホッホー」と例の合いの手を、話の端々に入れる。元来の彼の癖なのだ。会話の間、実に楽しげに「ホッホー」を連発し、かつ他人の話にじっと耳を傾ける。けっして自分中心ではない。
 食事をしながら再び新潟中越地震の話題になった。クォンさんは、あれだけの地震で被害が軽微だった新幹線の技術は凄いですねと称賛する。1964年開業当時からずっとウォッチングしてきましたよと、半端ではない鉄道ファンとしての知識を披露してくれた。クォンさんはメカに滅法強いのだ。趣味はカメラでローライのプロ仕様を使っている。実は、若い頃「ナショナルジオグラフィック」の写真記者になりたかったそうだ。
 ジョークを飛ばしながら、食卓にも目を配り、暖かくもてなしてくれたクォンさんに、スタッフはすっかり魅了された。別れの握手をするとき、「冬のソナタ」を通じて日本と韓国の間が近くなったことが本当に嬉しいと彼はギュッと力をこめた。驚いて顔を見ると、あの瓢軽なキム次長とは違う真面目なクォン・ヘウヒョさんがいた。


人気blogランキング




冬のソナタの秘密4_c0048132_15472549.jpg

by yamato-y | 2005-02-24 17:41 | 冬のソナタの秘密 | Comments(2)
Commented by chi-cocco at 2005-04-12 20:22
TBありがとうございました☆
過去の記事も読ませていただきました。
とても内容の濃い記事でビックリしました。。
自分のが恥ずかしい・・・(_ _;)。。。シュン
また、お勉強させてもらいにきます。。
Commented by mizumakura at 2005-04-12 21:01 x
とんでもないです。
今、ブログは新しい道具です。みんないろんなことを考えて、言いたいことがある、ということを痛切に感じます。
これからも一緒にやっていきましょうね。
<< 冬のソナタの秘密5 冬のソナタの秘密3 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧