人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ビルマの命

ビルマの命

大伴昌司の父、四至本八郎は戦前活躍したジャーナリストだ。アメリカに留学し、日系新聞の主筆までやったことのある米国通の新聞記者だった。

戦争が始まる前に帰国して結婚、大伴が生まれた。やがて、メキシコとの通商を促進する機関の責任者としてメキシコシティに家族を連れて赴任する。3年ほど過ごしたのち、開戦直後に帰国する。この体験を描いた本は当時ベストセラーとなる。

近衛文麿のブレーンであった四至本八郎は、占領が始まったビルマへ民政官として単身赴任する。そこで現地の人に混じっていろいろ改革を行った。善意であったとはいえ、戦争に協力した立場にあったことは後に彼の処遇で禍根を残すことにもなったが、ここでは詳しく記さない。

昭和18年当時、四至本はビルマと日本を往復していた。
あるとき泰緬鉄道を利用して帰国の途についた。クアイ河まで来たとき、鉄道建設に従事させられているオーストラリア人捕虜を目撃した。ふらふらとやせ細った体で鶴嘴をふるっていた。現地の将校が、日本へ帰る四至本八郎にこの現状を陸軍省に報告してほしいと要請した。わずかな飯とうすい味噌汁、たくわん一切れという食事では、みな餓死すると訴えたのだ。

帰国した四至本八郎はすぐに陸軍省に行き、参謀の佐藤賢了を訪ねて、窮状を訴えた。そのとき佐藤は何と言ったか。「甘い、甘い、内地の者ですら飢えているのだ。そんなことを許すわけにはいかない。」と言って、四至本を追い返した。
戦後の1957年に、四至本はイギリス映画「戦場にかける橋」を見たとき、自己の体験をまざまざと思い出した。
『戦場にかける橋』(The Bridge on The River Kwai)は、監督はデヴィッド・リーン。第30回アカデミー賞 作品賞を受賞しているが、この戦時捕虜を主題としていた。

ビルマとの結びつきは四至本家では強くなった。品川の浜田山にビルマ大使館を建てるときも箱根土地から土地を購入する手配は四至本が行った。大使としてやってきたテイ・モンはケンブリッジで学んだ経歴をもつ優秀な民族主義者だった。大東亜共栄の思想に共感して日本にやってきたのだが、いつも四至本八郎を頼りにした。戦争が激しくなって疎開することになったときも、四至本アイと大伴昌司の母子とともに群馬の八潮鉱泉に身を置くことになった。この憂国の士とともに暮らした半年は、大伴に大きな影響を与えたと思われる。

20年7月、戦局悪化でテイ・モンと四至本家に松代の大本営に移動するよう命令が出された。地下壕となっている建物に移ることを大伴少年は期待を膨らませていた。
だが、まもなく敗戦。地下暮らしは実現しなかった。大伴は後に「一度だけ、地下壕という場所に入ってみたかったな」と繰り返し母に語っている。
終戦から1ヶ月経たないうちに、MPがやって来てテイ・モンは連行された。本国へ強制送還するためだ。テイ・モンを乗せて走り去るジープの後ろ影を、大伴はずっと見送っていた。

テイ・モンは20年の秋にビルマへ連れ戻される。ビルマの港に着くという前夜、テイ・モンは死んだ。詳細は不明だ。自殺したという説もあるが、殺されたにちがいないと四至本アイは考えている。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-03-04 14:12 | 大伴昌司の遺産 | Comments(1)
Commented at 2008-03-05 22:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 桜が咲きました 最初の目 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧