人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

最初の目

最初の目

3月3日、晴れ。さほど寒くない。西日本では黄砂被害が出ている。
馬入川鉄橋から箱根方向を望むが、富士の影はまったく見えない。これも黄砂の影響だろうか。

朔太郎の「猫町」は小品ながら佳作だった。作中、形而上とかフィロソフィとかの語が飛び交っていて、朔太郎が哲学に少なからず関心をもっていたことがみえる。

見知った町でも表玄関から入らず裏から滑り込んだりすると、左右、上下がさかさまになってまったく違う印象をもつことを朔太郎は描く。陰気でぼんやりした町並みでも、普段と違う進入をすると、輝かしい晴れ晴れとかつしっとりとした気分のいい町になってしまうというのだ。

例証として朔太郎は夜行電車の話を持ち出す。
夜、電車に乗ってうたた寝をすることがあろう。ふと目を覚ますと、一瞬、電車の進行方向が自分が把握していたものと反対になっていると、感じることがある。寝ぼけてということではあるまい。認識の立ちくらみのようなものだ。見当意識が混濁する。目的地からどんどん離れていく不安感を抱いたことがあると、朔太郎が記すが、この心境は分かるなあ。

これとよく似た現象で、町を最初に見たときの印象が後になるとまったく違うということがある。長崎に初めて入ったときがそうだった。
昭和57年の夏、夕暮れに浦上から長崎まで電車が入って行ったとき、左右両側の山には光の波があった。山の上のほうまで灯りが点々とついて、まるで宝石箱をひっくり返したかのような美しい夕景があった。
それから4年間長崎に住むことになるが、この最初の印象は二度と味わうことはなかった。

台湾もそうだった。夜行便で激しい雨の中に降り立って、空港から台北までリムジンで走ったが、あのとき見た濃厚な夜の闇は忘れられない。次の日から見物した台湾はあの高貴さは消え、白茶けた南方の雑然としたミヤコでしかなかった。

もう少し、最初の目の思い出に浸ってみるかな。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-03-03 13:55 | 魂のこと | Comments(0)
<< ビルマの命 知を生きること >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧