人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

The clash of two titans

巨匠たちのガチンコ勝負

本日は「闘う三味線」の英訳チェックに追われた。昨年の7月に放送されたこの番組は年末に2つの賞をいただいた。そういう弾みもついたのか、アメリカで開かれるコンクールにも提出されることが先頃決まった。そういうことで、今この番組の英語バージョンを作成する作業に入っているのだ。といっても、実際の作業は語学の専門家が行うのだが、本日は英語台本チェックに参加して、面白い体験をした。

作業に参加したのは私を入れて6人。局側の海外コンクールを担当するプロデューサーが二人。アメリカ人の翻訳者、男女の日本人ディレクター、そして私である。私以外はみな英語の達人だ。

私といえば、原版を作った者としてそこに立ち会っているだけで、英語表現のニュアンスなどとんと分からない。実際の作業は、アメリカ人がまず英訳したものをテキストとして、元の日本語バージョン比較検討が行われた。

アメリカ人の担当者はこの翻訳は、関西弁であること伝統文化であることという2重の壁があってかなり苦労したとぼやいていた。とはいうものの、上がってきた英語台本を見るとかなり完成度の高いテキストになっていた。
shamisenは海外でも通用する言葉だ。
「阿古屋琴責め」は最初torture by koto とあったが、これでは琴でなぐって責めるというようなイメージになると異議が出て、Akoyas koto tortureになった。
このへんの変更は感心して聞くしかない。
文楽の素浄瑠璃は人形を使わないで演ずるということで、without Puppets[人形無し]とされたのは、あっけにとられた。

「心中宵庚申」という文楽の名作の訳しかたは感心した。というか英語の表現に驚いた。
Chikamatsu play ,love suicides on the eve of the Koshin Festival
心中を,love suicidesと言うのか。suicideは自殺である。それにsをつけて複数形にしてあるのだ。さらに,love というのを修飾するのだ。
このデンで600近いナレーション、対話の箇所を英訳したもののチェックがおよそ4時間にわたって行われた。

最後に、番組のタイトルの表記をめぐって議論があった。原題は「闘う三味線 人間国宝に挑む〜文楽 一期一会の舞台〜」である。
最初の訳は、Aiming for the Top:A Shamisen player's Challennge としていた。その道の第一人者を目指して、というようなニュアンスだろうか。
もう少し、激しさが欲しいなあとつぶやくと、アメリカ人が「では、The clash of two titans 」とつぶやいた。
なるほど、巨匠たちのガチンコ勝負か。面白い。この案に私はのった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-02-27 22:35 | Comments(0)
<< セネカと中野孝次 あの日の指輪を待つきみへ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧