人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

文字が生まれた頃

文字が生まれた頃

ものごとの起源というのはなかなかつかめないものだが、文字が誕生した頃のことはかなり正確に捉えられている。ギリシャの場合だが、文字が誕生したというより、メソポタミアなど他地域から文字の原型が伝わり改良されて、文字が実際に使われたときのことである。

紀元前4世紀。ソクラテスの時代である。ソクラテスはその文字に慣れていなかった。その弟子プラトンの時代になってようやく文字は道具としての力を発揮する。ソクラテスには著作はなくプラトンにあるのはそういう事情もあるのだろう。ソクラテスの言行が後世に伝わるのはプラトンなどソクラテスの弟子によって記録されているからだ。

文字に習熟していなかった当時、大哲学者といえど黙読は出来なかったそうだ。手紙を読むにしても音読したのだ。通信の秘密もなにもあったものじゃない。このころ暗殺が相次いでいるがどうやって「密書」のようなものを伝達したのか興味深い点だ。
ソクラテスは対話を重視して、対話の相手の考え方に疑問を投げかけ矛盾を引き出すという問答法で哲学を展開した。その方法は、自分ではなく相手が知識を作り出すことを助けるということで、「産婆術」と呼ばれている。 ちなみ哲学とはフィロソフィ。ソフィ(知)を愛するということだ。

このソクラテスの言行をプラトンは文字に移し変えるのだが、初期は文字が発明されたばかりで慣れていないので、問答をそのまま書き写すという手法をとっている。つまり対話編である。といっても、プラトンがそこにいて書きとったというケースは少なく、後にソクラテスが語ったという証言から再構成しているわけだが。
いずれにしろ、当初はプラトンですら平叙文を書くことができなかったわけだ。
プラトンの弟子、アリストテレスの時代になると、文字使用はかなり洗練されて高度な表現となっていく。

―歴史というのは、ある時期、集中的に天才や逸材が現れる面がある。ルネサンスのフィレンツェであり天武天皇期の明日香である。そういう「人類の星の時間」(ツヴァイク)が現れたなかでもペリクレスの平和後期のギリシャは壮観だ。
ソクラテス―プラトン―アリストテレス―アレクサンドロス・・・
まさに綺羅星のごとく哲人、超人が並ぶ。その時期に文字が誕生しているということは偶然ではあるまい。

素朴な疑問がある。西洋文明の源のようなギリシャだが、末裔である現代ギリシャ人はなぜぱっとしないのだろう。アレクサンドロス大王を生んだマケドニアの周辺に今のコソボやセルビアがあるはずだが、なぜ、彼らは祖先のように紛争を回避するような賢明さをもたないのだろう。今度のコソボ独立などという事件は、ようやく偉大な民が歴史の大きな眠りから覚めたということはいえないのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
by yamato-y | 2008-02-25 13:13 | Comments(0)
<< スフィンクスの謎々 権利の調整 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧