人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

再訪のこころ

再訪のこころ

 詩人、清岡卓行は一昨年80歳で亡くなった。中年を過ぎて小説を書き始めたから、芥川賞をもらった『アカシアの大連』はいくつのときの作品だろうか。
まあ、今の私と変わらない年齢の時期であったろうか。この作品は、戦前、清岡の一家が植民者として大連に住んだエピソードを懐かしむようにして記されたものだ。
 その清岡のエッセー集『郊外の小さな駅』(1996)を手にした。「幼なじみの木」という小さな話に惹かれた。
1982年、清岡は60歳になって34年ぶりに大連を再訪する。そしてかつて20年以上住んだ”我が家”を再訪する。そこで幼い頃に鉢植えから移した銀杏の木が30メートル以上にまで成長しているのを見て、感慨をもつ。
《その家の庭で今なお逞しく生長しているだろう銀杏の木は、私にとってなんと呼べばいい存在だろうか。》

このため息のような文章に今の私は共感をもつ。清岡の過去への思いは、このところ私が感じるものに近い。

 昨日、目黒図書館にて、「奥の細道」を読んで胸に響くようなつ行(くだり)を見つけた。越前福井の場面である。
《福井(ふくい)は三里計ばかりなれば、 夕飯(ゆうげ)したゝめて出づるに、 たそかれの路たどたどし。
爰(ここ)に等栽と云ふ古き隠士有(あ)り。 いづれの年にか、江戸に来たりて予を尋(たづ)ぬ。 遙(はるか)十とせ余りなり。》
晩飯を食べた後、夕暮れの道を福井に向かう芭蕉。10年も昔、江戸で会ったことのなる等栽という俳人を思い出し、彼を捜しに行くのだ。

《いかに老いさらぼひて有るにや、 将(はた)死にけるにやと人に尋侍(たづねはべれ)ば、 いまだ存命して、そこそこと教おしゆ。》
あれから時が流れたのだ。どんなに年老いたことだろう。ひょっとすると死んでしまったかもしれない。でも人に尋ねたらまだ生きているということを知った。

《市中ひそかに引入りて、あやしの小家に、 夕貌(ゆうがお)・へちまのはえかゝりて、 鶏頭・はゝ木ゞに戸ぼそをかくす。 さては、此のうちにこそと門をたたけば、 侘びしげなる女の出いでて、 「いづくよりわたり給ふ道心(どうしん)の御坊にや。 あるじは此のあたり何がしと云いふものゝ方に行きぬ。 もし用あらば尋(たづね)給へ」といふ。 かれが妻なるべしとしらる。》
そうやって探していくと、夕顔が咲いてへちまがぶら下がっているあばら家があって、そこに彼の妻がいて、等栽は留守だということが知れる。
このあばら家を訪れる心地は「源氏物語」の夕顔を訪ねる風情に似ていると、芭蕉は面白がるのだ。やがて芭蕉は等栽と再会し喜ぶ。二人はこの後、名月を見に、つるが湊まで出かけてゆくのだ。

この昔の知人をわざわざ探し当てていく芭蕉の思いが、今の私にひどく響く。たしか、金沢ではそうやって探した人が亡くなっていて芭蕉は悲嘆にくれたこともあったはず。

芭蕉も年をとって気が弱り、こういう「尋ね人の時間」を大切に感じるようになったのかしらむ。
古い川柳がある。
「ふるさとへ廻る六部(巡礼)は気の弱り」

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-02-18 12:31 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 石の庭 文学者の死 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧