人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

文学者の死

文学者の死

評論家の川村二郎氏が亡くなった。80歳だという。ずいぶん長生きしたのだ。
私は20年前にこの人にインタビューしたことがある。当時、氏は都立大学の教授であった。東横沿線の下町にある彼の自宅で話を聞いた。
ものしずかな、やさしい声で話す人という印象しかない。

後年、大学を退いてからの活躍はめざましいものがあった。しかも、批評は鋭く、容赦のない攻撃を加えるものであった。私が会った人物からは想像できなかった。
大学の研究者の頃は、ドイツ文学を中心に仕事をしていたと思うが、フリーとなってからは日本の古典に深い造詣を示すようになっていた。

私が氏にインタビューしたのは、芥川賞・直木賞100回という記念番組だった。直木賞は二人の女性ということで話題を呼んだが、芥川賞は誰だったか忘れている。
直木賞の一人は九州にいる杉本章子だった。彼女は大学を出てまもない頃でまだ若かった。今も存命で活躍している。

この両賞を語るのはこの人以外にないと言われたのが、文壇のご意見番永井龍男だった。当時鎌倉に住んでいた。自宅を訪ねて話を聞いた。
朝早く着いたので、しばらく待たされた。30分ほど時間が流れたので、どういうことかなと思って、奥まで入った。そこで頭を梳かしていた永井と目があった。
カミナリが落ちた。
永井龍男も先年亡くなった。
あの番組に出演した文学者はほとんど物故した。九州在住作家、白石一郎も審査員だった藤沢周平もみな他界した。

そのなかで川村氏は長命だった。

余談だが、白石の双子の息子の弟は白石一文で今の流行作家だ。時代は回る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-02-16 12:10 | 人生にジャストミート | Comments(0)
<< 再訪のこころ やっぱり見てしまった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧