人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

やっぱり見てしまった

やっぱり見てしまった

昨夜、とうとう封印を解いて、「冬のソナタ」のDVDを見てしまった。
3年ぶりになるかな。封印の理由は、これを見始めると最後まで行ってしまうということと、4年前の仕事を懐かしむという後ろ向きの姿勢を忌避するためだ。

全20話で、全部見ると20時間以上になる。途中で止めるというのが至難のドラマ。先日はまった「24」とよく似ていて、各話の後半になると思わぬ展開がおき始めて、次を見ないでおられなくなる構造をもっている。4年前は仕事のためという大義もあって、夜中中見て、寝坊しても自分に言い訳できたが、今はそんなわけにはいかない。
 「冬のソナタ」が総合テレビに登場するということにあたり、4年前、私はそのキャンペーンの特番をその年4本制作した。ちょうど、第1次の定年の一年前にあたったが、現役引退という感慨を味わう間もないまま、この仕事に夢中になった。充実していたと思う。その気分に返り懐かしむという、後ろ向きの姿勢になることを恐れたのだ。

とはいえ、その後も、「春のワルツ」の特番制作に手を出したり、ミュージカル「冬のソナタ」にもコミットしているのだから、2番目の理由は理由になっていないのだが。なにより、ドラマに再び惑溺することを恐れたのだ。

昨夜見ることを決意したのは11時過ぎ。さすがに、2話で止めて2時に就寝。でも、ここまでがドラマの「仕込み」部分であって、展開は3話からだということは知っている。迷う。今夜、この続きを見るかどうか。見れば、また夜更かしが続くことは目にみえている。

久しぶりに見て気づいたことがある。意外にツナギが荒いのだ。前に見たときは気づかなかったが、これに比べると「春のワルツ」のほうが丁寧につないだのだなと思った。でも、物語の巧みさがやはり違うのだ。謎めいた転校生の出現から、その転校の意図が明らかにされていくアルバム写真の謎の設定、カップルを取り巻く人物群の描写、など、本当によく出来ている。

2話の終わりは、春川の雪の商店街でユジンが待ちぼうけをくっている場面、そしてチュンサンの交通事故。3話の予告が続く。そこには成人となったユジンの前に、チュンサンの面影をもつミニョンが現れる。折りしも、その年の初雪が降った日・・・。ストーリーはもう知っているのに、続きを見たいという誘惑にかられる。

それにしても、久しぶりに、テーマ曲や「初めて」などを耳にすると、心地よい。一昨日のように寒い日が来ると、「冬のソナタ」の気分がすーっと入ってくるのがフシギ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-02-15 12:52 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 文学者の死 映画人 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧