人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アテネの滅亡

アテネの滅亡


偶然、手にした本だがめっぽう面白い。今夢中だ。
『誰がアレクサンドロスを殺したか』(岩波書店、2007年4月)だ。
われわれの世代ではアレキサンダー大王として知られる人物の死をめぐる「ミステリー」だ。
大王はマケドニアの出身で、アリストテレスを家庭教師として帝王学を得て、西はシシリアから東はインドまでの広大な版図を作り上げた英雄だ。
ところが33歳の若さで急死している。古来、此の死をめぐっていろいろ取りざたされているが、著者はある書物に毒殺と書かれてあるのを読んで、この死を追求しはじめるのだ。著者は日本人だ。しかも歴史学者でも作家でもなく、医者なのだ。広島大学名誉教授、難波紘二。経歴を読むと、広島大学で医学を修め、アメリカのNIHに留学までしている。NIHとはたしかアメリカ保健局のことで、医学の最先端を研究する組織だ。おそらく、原爆の後障害の研究ではなかったのだろうか。著者の専門は血液病理学とある。

だいたい、西洋の古代史の本というのは名前と地名が複雑でなかなか読み進めないものだが、この書は違う。とにかく、ギリシャ、ヘレニズム世界だけで構成されていない。歴史現象を日本の特に現代日本の事象に引き寄せて書かれてあるから、イメージが生き生きしてくるのだ。アチャラ本を読んでいるというより、時代小説を読むような気がしてくる。

このところ、西洋哲学史の本を続けて読むことがあった。そこで批判されていたのがプラトンによる形而上学の伝統であった。それがハイデッガーやデリダによって批判されたという記述を読んで、その意味がいまいち納得できないでいた。
たまたま手にした此の本の目次に、プラトンの恋とかソクラテスとあったので、かいつまんで読んでみると、たちまち内容に引かれたということだ。

最後まで読まないとしっかりしたことは書けないが、こういう「小説」というのは斬新だ。
塩野某のローマものなどは、食わず嫌いかもしれないが、あまり読む気がしない。が、本書は
ホーヴィングの「謎の十字架」と同じくらいの面白さだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-02-14 10:20 | Comments(0)
<< 映画人 こんな寒い日は「冬のソナタ」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧