人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

東風添えて

東風添えて

昨日はオール文楽の一日だった。
午後4時から総合テレビで「闘う三味線 人間国宝に挑む」が放送された。ハイビジョン、衛星第2と放送されてきたが、初めての地上波放送だ。連休中日の日曜夕方、願ってもない時間帯。これまで以上のおおぜいの人たちに見てもらうことができるのだ。放送開始から1時間20分まで見て、半蔵門の国立劇場へ向かう。残りまで見ていると文楽の東京公演に間に合わなくなるので、やむなく席を立つ。夕方6時から始まる公演に鶴澤清治さんが出演している。演目は「義経千本桜」。6時ちょうどに開演された。

文楽「義経千本桜」を初めて見て感動した。こんな面白い物語だとはつゆ知らず。
その物語とは——
これは源平合戦の後日譚である。悲劇の英雄義経の伝説だ。源義経が兄頼朝と対立し京都を追われた後の逃避行。大和国吉野まで落ちてゆく。昨夜、私が見たのは「伏見稲荷」と「道行初音旅」の段である。
主人公は義経だが、彼はたくさんの登場人物をつなぐ扇の要のような存在。源平合戦で滅びたはずの平知盛・平維盛・平教経、吉野の民そして義経の家臣佐藤忠信の偽者が次次に登場してくる。
法皇から下賜された「鼓」が物語を転がしてゆく。この鼓は狐の皮が張ってある。この狐の子供の子供が化けて出てくるのだ。それが偽忠信。偽はそういう存在だから変幻自在に飛び回る。まさにファンタジーだ。この忠信狐(たたのぶギツネ)という表現、ギツネとは義経(ギツネ)と掛けてあるなんて、卒倒するぐらい面白い。
「道行初音旅」で鶴澤清治さんが登場して、華麗な撥さばきを見せてくれた。この場面は吉野の桜を見晴るかす山上の物語。そこで偽忠信が静御前と華麗な道行きとなるのだ。その鮮やかなこと。
人形浄瑠璃の面白さをたっぷりと堪能した。
東風添えて吉野道行く狐かな

清治さんの公演が上がった時点で、私は楽屋口に回った。そして、渋谷のとある会場までお連れした。
この夜、「闘う三味線」の受賞パーティが開かれたのだ。パーティといっても、プロデューサーやディレクター、音声担当、音響効果担当ら内輪の会。総勢10人の集まりだ。
ATP賞ドキュメンタリー最優秀賞、総務大臣賞のダブル受賞に加えて、清治さんが人間国宝に選ばれたことのお祝いと、トリプルのお祝いをしたのだ。清治さんの奥様も参加していただいた。楽しい会となった。
取材の折の裏話や苦労話、席上、笑いが絶えなかった。

そして、夜10時半、会はお開きとなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-02-11 12:55 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 夕焼の大磯の里 雪の記念日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧