人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

草間弥生的生き方

草間弥生的生き方

昨日、珍しい人が訪れた。フリーディレクターで映画監督の松本貴子さんだ。新作の映画の招待チケットを持参してきてくれた。
映画の主題は世界的アーティストの草間弥生だ。今、話題になっている。昨日の朝日朝刊、文化欄でも大きく取り上げられていた。

松本さんとの付き合いはかれこれ8年前になるか。「世界わが心の旅」で山口小夜子さんを主人公にした番組を作ったときからだ。あの作品は私にも忘れられないもので、山口さんの妖しく不思議な美しさに引き込まれることになった、思い出のドキュメントだ。
そして、番組を制作した松本さんも不思議なディレクターだ。2年ほど前にETV特集で松本さんは草間弥生を取り上げたことがある。それを契機に、この映画を立ち上げたのだ。そのエネルギーに感心する。

かつて、澁澤龍彦の『幻想の回廊から』を愛読していた頃から、芸術家の”病んだ魂”が見事な芸術を作り上げるということは感じていた。ゴッホを始めとして実に多くの例がある。草間も幼い頃から統合失調症を病み、たえず幻覚や幻聴に襲われてきた。そこから逃れるためにその幻覚を逆に描いてきたという。作品を見れば瞭然。
空白を恐怖するごとくびっしりと埋め尽くされた水玉。しかもそれは増殖しつづける。ある作品は微生物を際限なく描き、それぞれに黒い縁取りつまり死の影を貼付けている。
草間弥生はまもなく80歳になろうとしているが、その創作のエネルギーは止まることを知らない。

その映画「草間弥生、大好き」の監督、松本さんと1時間ほど話し込んだ。私のほうから誘い込んだのだ。なにか、話し合っておかなくてはと思った。
まず、去年亡くなった山口小夜子さんのことについて、互いに意見を交換した。
そのあと、今年の正月以来、自分の身の回りでおこったエピソードをあれこれ、私は語った。彼女は遠くを見るような目で話を聞いていた。

聞き終わってから、彼女はある友人の話をした。広告代理店に勤める50代の男性が、草間弥生の映画の試写会を終えて語ったことだ。
「草間さんて、エネルギーが切れませんね、70を過ぎても。男は定年をむかえるあたりから、人生をまとめようとするけど、この人はというか女はというか、まとめることよりも広がり持続していくエネルギーがありますね」

松本さんは楽しいことを教えてくれた。
「これから、きっと楽しいことがはじまりますよ。だって、作らねばならないという企画で作品を作るのでなく、やりたい企画をやっていけるんですから。」「どうか、自分で撮って、映像を作ってみてください。」

おしまいに、松本さんはある女性の最後を教えてくれた。その人は、先に述べた「世界わが心の旅/山口小夜子・モロッコの旅」の編集者だ。
顔が思い出せないが、たしかに、あの番組の編集で苦労したとき、そこでがんばる女性がいたことは覚えている。
その人は数年前に死んだそうだ。肺癌と宣告されて1年間、松本さんはその人の近くにあって、その最期を見届けた。35歳で死んでいったのだが、実に毅然と晩年を生きましたと、松本さんは語った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-01-30 09:08 | 魂のこと | Comments(0)
<< 同期の新年会 久保万を読んで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧