人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

連れて逃げてよ

連れて逃げてよ

昨夜、「たけしの誰でもピカソ」の”ちあきなおみ”を見た。
伝説の「ねえ、あんた」の歌唱と映像がスクープ扱いで紹介されたが、たしかに凄かった。
沁みるような歌声、劇的な演ずる歌唱、聞く者の心をとらえずにいられないものだった。

ちあきの歌は薄幸な水商売の女の境遇を歌ったものが多い。「紅とんぼ」にしても「ねえ、あんた」も私の好きな「花吹雪」にしても。

「矢切の渡し」は、親の心にそむいて江戸を離れて北へ向かう男と女の物語。二人には添えない事情があった。それでもいっしょになりたい。女は男に切羽つまって懇願する、「連れて逃げてよ」男も心意気を示して「ついておいでよ」と答える。冷たい雨の降る夕暮の矢切の小さな渡し場。小さな舟に隠れるように乗って、何が待つか分からない未知に向かう。
ちあきなおみはこの男と女の不安と喜び、戸惑いと決意が交錯する物語を切々と歌い上げている。
彼女のドラマティックな歌唱力によるものとしても、歌の内容にちあきなおみその人の、人生ともファンは重ねたくなる。

ちあきは俳優郷鍈治と出会ったのは、「矢切の渡し」をレコーディングした頃と思われる。
そして、78年にその郷と夫婦の契りを交わした。二世を誓ったのだ。
郷は役者を降りて、ちあきのプロデューサーのようなマネージャーのような存在になってゆく。郷はそれほどちあきに打ち込んだのだろう。ちあきも郷をすっかりたよる。この結びつきは尋常ではないことは誰の目にもわかった。

ところで、少女時代、転校を繰り返したちあきは幸せの薄い女だった。ちあきは前座歌手をやっていた頃、可愛がってくれた役者がいたそうな。その人は若くして急死したと伝えられる。ちあきは人の死におびえるようになった。不幸には敏感になった。だから、郷との関係をひときわ大切にしたのだろう。

郷といっしょになってからのちあきは、以前にもまして歌がうまくなった。さまざまなジャンルにも挑んでゆく。演歌からジャズ、シャンソン、はてはポルトガルのファドまで、ちあきの歌声は凄みをましてゆく。シャンソンのような物語性のある歌を、船村徹はドラマティック歌謡と呼んだ。「喝采」にしろ「ねえ、あんた」にしても、彼女の歌は聞くものにドラマを幻視させた。
結婚して14年目に悲劇が訪れた。最愛の夫が92年に早世する。ちあきは自分を見失った。有名な逸話がある。郷の棺を閉じるとき、ちあきが「私も一緒に焼いて」と泣きさけんだ。そして、夫が死んでからいっさいの活動を停止したちあきなおみーー。
その人生は彼女の歌う世界とあまりに近い。名曲「喝采」にしても、後から見れば、彼女の夫を失った心境と重なる。

この歌声を聞いていて思い出さずにいられない人たちがある。
その夫婦は渋谷で小さな酒場をやっていたが、どこか理由ありを感じさせた二人だった。親父は寡黙で厨房にたち、女房はせっせと客を世話していた。店は繁盛した。
どうやら亭主は以前結婚していて子供もいたらしい。それと別れて今の女房といっしょになったようだ。二人に子はなかった。睦まじく、休みは東京近郊をよく旅していた。親父は歴史が好きだったから古跡でもめぐっていたらしい。

親父が70を前にして、二人は店をたたんで町を去った。
房総の小さな町で、大工普請の数奇屋に住んで余生を送っていると、噂を聞いた。だが、その平穏は2年も続かなかった。
親父に癌が発見され。北総の大学病院に通うようになったのだ。住まいもその大学に近いところへ移した。という話を聞かされて1年も経たないかのうちに、二人の消息はふっつりと消えた。親父が死んだらしい。女将は悲しみに沈んだ。いっさいの連絡を断って、消えたのだ。
まるで、ちあきなおみと同じではないだろうか。
昨夜、ちあきの歌を聞きながら、あの夫婦のことをずっと思いつづけた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-01-26 21:54 | Comments(0)
<< 春隣り マフラーリターン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧