人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

通夜の客

通夜の客

川崎、臨海地帯にある斎場へ行って来た。駅からタクシーで20分ほどかかる。ずいぶん遠い所だが、故人は一次定年したとはいえまだばりばりの現役だったこともあって、おおぜいの参列者が集まった。7時から始まる通夜の予定が、たくさんの人が集まっているということで30分繰り上げて始まった。懐かしい先輩たちの顔が見える。こういうときにしかお目にかかることもない顔がいくつもある。当たり前だが、皆老けている。

故人の死の原因は寿命とはいえないものであったから、参列する人の表情も沈鬱で、話し声もほとんどない。

お参りを済ますと早々に立ち去ろうと思ったが、出口でHさんと出会いいっしょに帰ることにした。川崎駅前までマイカーで来た人に送ってもらった後、敬愛するHさんと二人だけの精進落としというか直会をやろうということで、駅ビル10階の居酒屋へ入った。

Hさんは、月のうち半分以上、山梨の山の家に住んでいる。昨夜、訃報を聞いて今朝山から駆けつけたという。今夜は川崎にある本宅に帰るということで、ケツカッチンを気にせず、腰を落ち着けて飲むことができた。

その席では故人の話はあまり出ず、もっぱら、第2の人生の生きがたさ、楽しめる方法をめぐって意見を交わした。というか、私は、Hさんが実践している悠々とした「お一人様の老後」について教えてほしいと思っていたのだ。

今年は源氏物語1千年ということで、山の近所の人たちと源氏講読を始めたので、月2回行われる例会を予定の中心に置いて暮らしていくと、Hさんは楽しそうに語る。人柄の暖かいHさんはどこへ行っても声がかかる。有徳の士だものなあ。すべからく、Hさんは住民からも地域からも愛されていると思う。

少し意地悪を言いたくなった。昔から、死ぬなんてことを考えたことないでしょうと、挑発したら、「そんなことを、あなたは思っていたの。だとしたら、よほど、あなたは恵まれてきたのね」とぴしゃりとたしなめられた。

この人といると、つい私は甘えてしまう。とにかく二人だけの直会の酒は楽しかった。故人を偲ぶことは少なかったが、まあ、こんな直会もいいかもしれないと、大目に見てくれるでしょ、天国のSさん。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-01-15 00:38 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 応答可能性 生きること、死ぬこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧