人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

生きること、死ぬこと

生きること、死ぬこと

マルセル・デュシャンの墓碑銘--「死ぬのはいつも他人ばかり」

さっき、武田百合子の『日々雑記』を読んでいて、こんな文章を見つけた。
作家の深沢七郎が、マリリン・モンローが死んだときに武田に言ったセリフだという。
《綺麗な女は綺麗なうちに死んだようがいいですねえ。ブリジッド・バルドオなんかも婆あになるまで生きてられちゃがっかりだ。モンローが死んだとき、生きてるってことは人の死んだ知らせを聞くことだって思いましたねえ。》

土曜日に死んだ先輩の通夜に今夜行くつもりだ。川崎の臨海地帯の斎場らしい。今夜は冷えるだろうなあ。
その先輩が死んだ夜、私は六本木のクミズバーにいた。明川哲也氏が来た。「つながるテレビ@ヒューマン」という情報番組のレギュラーで、ちょうど番組収録を終えたところだった。その日、作成した42歳の女性プロサーファーの話をした。

その話題になった番組が昨夜あったので見た。そのサーファーの話もよかったが、別のコーナーで「生きる」というのが気になった。谷川俊太郎の「生きる」という詩に触発されて生まれたブログの話題だという。あなたにとって生きるという実感はどういうときですか、という問いに600ほどのコメントが寄せられて評判になっているという話だった。

谷川の詩は国語の教科書にも載っていて、若い人たちには馴染みという。
生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみすること
あなたと手をつなぐこと

はじめて読んだがいい詩だな。この詩はもっと長い。ところで、パソコンで“し”と打つと、死が出てくる。詩は死かと感心する。フロイドの失錯ではないが、言い間違いというのは無意識がそうさせるとすれば、パソコンというもう一つの私の無意識がそう動いているのだろうか。

中島義道という偏屈な哲学者がいる。会いたいと思わない人物というか人柄だが、新刊が出るとすぐ手にとる。長く、大学の教員を勤めていたが、定年を前に今年いよいよ退職すると、新刊の『観念的生活』に書いている。辞めたら、ウィーンに引きこもって死ということを全力で考えたいと記している。この人は天邪鬼なのか真面目なのか分からん御仁だ。

その彼の言が私を惹いた。
「私の知っているのは他人の死であり、他人の不在である。それを、自分の死に間違って適用して、恐れているのである。他人の不在は長さをもつ。なぜなら、それを数える人がいるからである。だが、私にとっての、私の死は不在なのではない。それは(多分)端的な無である。・・・死んでしまった私にとって、一日死んでいようと、1年死んでいようと、1億年死んでいようと、同じ端的な無なのだ。1億年死ぬほうが悲惨なわけでも、厳しいわけでもない」

この中島義道が死について考えようと思ったのは、漱石の臨終の言葉だったという。「死んだら困る」

死ぬということを考えると、生きるということが現われ、生きるを思うと死が浮かび上がる。あざなえる縄のごとし。散髪屋の赤と青のぐるぐる回りするあの看板みたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-01-14 11:56 | 魂のこと | Comments(4)
Commented by hitomi8114-i at 2008-01-14 15:35
はじめまして。カテゴリの小説、詩の所で、タイトルに、心惹かれ(以前自分が書いたタイトルと似たところに惹かれ)読ませていただきました。本当に、死から生を、そして生の中身を・・・思います。
以前の記事も拝読させていただきました。言い切りをせず、多くの情報から、伝えたいことをわかりやすく書いておられること、大変勉強になりました。また、「テレビ・ラジオ」部門というのがあることも、初めて知りました。これからも、お邪魔させていただきますネ♪
Commented by 唸声 at 2009-06-07 10:40 x
yamato-y様

はじめまして、唸声といいます。
実は私のロサンゼルス在住の友人から新宿ゴールデン街のクミズバーは今どこにあるのか?との問い合わせがありました。日本に滞在中にどうしてももう一度行って見たいとの話です。店名と住所・電話などをお教えいただけませんでしょうか?何卒よろしくお願いいたします。
Commented by 唸声 at 2009-06-07 10:51 x
yamato-y様

送信できていないかと思い、何度も送信してしまいました。大変失礼致しました。不要であれば削除してください。
Commented by 唸声 at 2009-06-11 12:03 x
yamato-y様

TERRACE VIEWと分かりました。
<< 通夜の客 日は伸びて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧