人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

孤独を深める日本人

人と人のつながりを求めて

今、アメリカ大統領予備選挙が行われている。連日のようにその動静をメディアは伝えるが、私などいまだにアメリカ大統領の選出の仕組みというのが理解できない。理屈では一応分かっているが、なぜあのような州ごとの選挙を経なくてはならないのか、韓国のように一斉に行えばいいではないかと思うが、おそらく2大政党システムや民主主義の構築の仕方がからむことが大きいのだろうというぐらいの推測しか立たない。

ケネディ大統領の頃は、ほとんどアメリカ情報も活字が中心で量的にも現代の数百分の一であったろう。その当時のアメリカ理解からわれわれはどれほど進歩しただろうか。たいしたことはないのではないか。膨大な情報にも関わらず、いや、むしろ量を増大させることによって、ますます分からないという事柄がかなり増えているのではないか。

社会保険、生命保険、医療のことを論ずるとき、国家の福祉機能を小さくしているアメリカでの医療費は日本に比べて格段に高く、低所得者にとっては地獄ですよ、なんて話をよく聞かされた。

「日本では冷たい社会だと思われているアメリカは、実は日本よりもっと温かい」という意見を今朝の朝日新聞で読んだ。「OPINION」欄に登場した「個人尊重の旗を掲げよ」という論文で、筆者はハーバード大のマルガリータ・エステベス・アベ准教授。彼女によれば、アメリカは市場の競争原理だけで動いているのではないという。市場と同じくらいの規模で非営利部門がきちんと機能していて、社会の下支えを行っている。仮に市場で失敗してもそこで人生が終わりというふうにはならない安全網が敷かれている。政府の医療費保障が小さくても、宗教的な慈善団体などがカバーする仕組みがあるというのだ。

それに比べて日本では、地方よりも都市、中小よりも大企業、非正規よりも正規と、自分が良い団体に所属できさえすれば、あとは社会的公正など考えていない。だから経済的に失敗した人たちは居場所がなく自殺に向かうことが多いとエステベス准教授は見ている。

傾聴に値する議論だ。似たようなことを寺島実郎が「脳力のレッスン2」(岩波書店)で、小泉改革を批判して語っている。
「誰かが創り出した繁栄の与件として、『自分だけは割を食わないように』という分配の議論を繰り返している愚に気がつかねばならない。」

このような問題を経済・社会政策の問題としてだけではなく、社会のシステムそのものを草の根で変革していかなくてはならない。賃金格差をなくし女性の就業を促進し、足らない労働力をきちんとしたカタチで受け入れる外国人労働力などの整備ということだと、エステベス准教授は提言していた。
私はそこに個人の孤独感、孤立感を埋めるような非営利部門の充実が必要だということを付け加えたい。

社会的格差、不公正が露出する現代日本では、負け組だけが苦しんでいるのではないだろう。自分だけは負け組に落ちることないように必死で勝ち組の利権にしがみつくような風潮もある。しかし、双方とも内面において、他者とのつながりをもてない、凄まじい孤独地獄にいるのだ。
人と人がつながり、互いに支えあっていけるような「社会的機能」が今、切実に求められていると思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-01-10 14:23 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< お笑いドキュメント ナミソムに行こうか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧