人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ユマニスト・人文主義者

ユマニスト・人文主義者


大江さんの『日本現代のユマニスト 渡辺一夫を読む』は面白い。セミナーの講演を書き起こしたものだから、あの“難解”な大江文体に悩まされることが少ないせいかもしれない(笑)。素の大江さんがそこにいる感じがある。

ユマニスト(Humaniste)とは人文主義者(じんぶんしゅぎしゃ)のこと。ルネサンス時代にギリシア・ローマの古典文芸を研究した知識人を指す。
英語で書くとヒューマニスト(Humanist )となり、日本語の「人道主義者」の意味が大きくなるがそうではない。
 ウィキペディアによると、《中世の時代を暗黒時代とみなし、古代の古典を学ぶことによって人間性が完成すると考えられた。中世のスコラ学が神学的な概念中心の学問であったのに対し、古典研究を通して、より自由な思考ができた点に特色がある。》とある。ルネサンスの先駆けになった存在であろう。
余談だが、インターネットというのはすごいものだ。アカデミックで難解なこともすらりと出てくる。ただし、誰の責任でそういう表現になるのかは不確かだが、一応座右で参照するには具合いい。

大江さんは東大の恩師渡辺一夫のフランス・ルネサンス研究をこの本で解析解釈している。
大江さんが渡辺をどれほど敬愛していたかは、ノーベル賞の記念スピーチでも言及したことからも分かる。

フランスユマニストが活躍した時代というのは、旧教と新教が対立していた宗教戦争の時代だ。アンリ4世やカルヴァンやジャンヌ・ダルクが現れた時代で、新旧キリスト教徒が互いに不倶戴天の敵とみなしていた。そのときに渡辺が愛したユマニストたちは「寛容」ということを説いたのだ。

このとき提出された命題は。<寛容(トレランス)は自らを守るために不寛容(イントレランス)に対して不寛容(アントレラン)になるべきか?>

新教の厳格な変革者、カルヴァン。彼は元来頑なではなかったが、権力をもち自分が宗教運動の指導者として仕事をするうちに不寛容になっていったと、渡辺は解説し、大江もまたカルヴァンの苦境に同情もしているのだ。ここが可笑しい。あの美しい生き方を書きもし実践もする大江さんが、「清濁合わせ飲む」心意気でカルヴァンの人生を見ている。
48歳の大江所見である。

カルヴァンに異議を唱えたのがセバスチャン・カステリオンだ。チューリッヒのカルヴァン支配を宗教改革という大義があるからといって、その恣意性を許されるものでないと批判した。永久革命者である。カルヴァン派から狙われることになる。そして捕縛寸前にカステリオンは病死するという劇的な展開の小説を書いたのが、シュテファン・ツヴァイクだと大江さんは紹介している。私のもっとも好きな小説『権力と闘う良心』。久しぶりにみすずのツヴァイク全集を読みたくなった。

この『日本現代のユマニスト 渡辺一夫を読む』は渡辺一夫の人生がユマニストであるということを論考しているが、デタッチメントすれば(引いてみれば、ズームバックしてみれば)、大江健三郎こそ現代のユマニストであることを浮き彫りにしている書である。

このデンで言えば、現代日本のユマニストはというと。
大江、井上ひさし、河合隼雄、池澤夏樹、村上龍、小松左京、の人たちを私は挙げてみたい。
さしずめ、河合さんは「心のノート」の問題で、体制の御用といわれんばかりの評価を受けたが、果たしていかがか。この評価は、これから20年、30年経たないと分からない。
往時のユマニストたちも、「人文主義者の中途半端さや限界が指摘されること」と批判されたりしたが、2000年を超えて世界が新しい情勢に変化すると、その現代性(イスラムに対する寛容の問題)において重大な意義をもつようになっている。

ユマニスムはユマニストが現れて結実した思想となる。その定義とは、大江流にいえば、「人間は滅びるかもしれないということを認めた上で、しかしなんとかそれを押し返して、人間らしく生き延びることを考えてゆこうじゃないか、それが人間らしいことではないか、という考え方」であることになる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-01-08 12:19 | Comments(0)
<< Congratulations! バルタン星人、登場 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧