人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2008年のツヴァイク道

2008年のツヴァイク道
2008年のツヴァイク道_c0048132_18355325.jpg


正月3が日はいい天気だ。年賀葉書を出しに駅まで行く。穏やかな冬の日差しがツヴァイク道の森に落ちている。山が茶色一色かと思うと、赤い実がある。自然は怠り無い。

マルクス・アウレリウスの『自省録』(岩波書店)を読む。翻訳はあの神谷美恵子だ。断章で読みやすいこともあるが、2000年前の賢人の言葉が一つ一つ身にしみる。

《正しい道を歩み、正しい道に従って考えたり行動したりすることができるならば、君の一生もつねに正しく流れさせることができる。神と人の魂、またすべての理性的動物の魂につぎの二つのことが共通である。すなわち他人から束縛を受けぬこと。また善とは正義にかなった態度と行動にありと考え、そこに自己の欲望をかぎること。》
アウレリウスの哲学はストア派だ。ギリシアに始まりローマ帝国で栄えた哲学だ。その教えは、自然にかなった生活。この自然とは宇宙を支配する理性または理法である。

 自然に生きることの要諦に善があって、「善とは正義にかなった態度と行動にありと考え、」という記述は今の私を捉えて離さない。

夕暮れのツヴァイク道に立って、暮れなずむ相模の海を見ていた。雲の流れのように、さまざまな思いが去来する。

帰宅すると、衛星第2放送で「叙情歌全集」が放送されていて、「砂山」が歌われていた。
砂山の砂に 砂に腹這い
初恋のいたみを 遠くおもい出ずる日
初恋のいたみを
遠く遠く ああ ああ おもい出ずる日

たしか、この歌は、ニューヨークに住むT君の十八番だった。オペラ歌手として異国で頑張る彼が、一度大磯へ来たことがあって、我が家でこの歌を歌ってくれたことがあった。
歌というのは、思い出と懐かしい人を連れて来てくれる。今も、元気でやっていてくれると嬉しいが。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-01-03 18:41 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 書き続けること 偽トルストイの偽家出 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧