人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

センチメンタル・ノスタルジー

センチメンタル・ノスタルジー

還暦。いよいよ「老い」のとば口に立つことになる。これまで4回年男を経験したが、2008年の年男ほど疎ましく思えることはない。どうやって老いをむかえるかが分からない。じたばたしている。

『美しい老年のために』を読んだ。著者の中野孝次は、定年後の生き方とは”時を充実させる老い”を目指すべきものとしている。
 まず趣味をもてと、足腰をきたえ熱中しろと説く。山歩きか碁でもうてと言うのだ。

次に、定年帰農もいいぞと励ます。自然と触れ合うことが大切だという。但し、これはパートナーの理解を得なくてはならないと、釘をさしている。
近い国への旅も悪くは無いと、中野は韓国や台湾への旅行を勧めるなど、けっして上滑りしない実用的な手法を取り上げていることには共感する。だが心動かない。

 老年とは何もしなくてもいい時間をもっていることだから、逆に一番やりたいことに時間を割くべきと、「ほんとうの趣味をもつ」ことを中野は最後に説く。ほんとうの趣味とは、それをせずに生涯の充実感が得られないもの。中野は、読書とか俳句とかインドアよりも百名山を登るとか外国を旅することとかアウトドアのほうがいいと書いている。

この本は中野孝次が70代半ばで書いているから、人生の機微をそれなりに体験しての戒めというかアドバイスを書いているのであろう。だが、今の私にはどうも響かない。中野孝次が考えたような老いの道とは、どうも違うらしい。セネカや西行を参照しても、それは「教養」の域を出ない。世代の差なのか。まず、「美しい老年」を目指すということに躓いてしまう。「めそめそぐずぐずの老年」では駄目なのだろうか。

きりっとした生き方、敬われる考えを中野が芯にすえることに、居心地の悪さを私は感じる。思い切り叙情的であったら駄目だろうか。思い入れ、感傷、情調に浸っているような老年ではいけないのだろうか。

抒情化は落とし穴だという恐ろしい説を目にした。チェコの亡命作家ミラン・クンデラは「恐怖政治の抒情化」ということを書いている。スターリン以降のロシアの全体主義化を覆ったのは抒情化という大波だったというのだ。乾いた目でなく湿った目(抒情化)があのソ連を作り上げたという。

抒情的であることは自分をあまやかすことになる。とすれば、その抒情性をもって老年を乗り切ろうとすることは、将来に破綻が見えているではないかと、このクンデラの説は私を突き上げてくるのだが、それでもと私は言い張りたい気がしている。

浪曲のように、たっぷりと人情と抒情で世界を覆ってみたい。開き直って「センチメンタルノスタルジー」の世界を目指すのはいかがだろう。周りからは顰蹙をかうかもしれないが気にしないでいくか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-30 22:19 | Comments(0)
<< 2008年、光る青い目 旅立った二人へ(最終バージョン) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧