人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

歳末の空

歳末の空

ゆるゆると山を登る。九十九折りの一つ目は長く、上がりきった角で休むことにしている。荷物を下ろして周りを見わたす。冬仕度の小鳥の囀りが喧しい。ケヤキもすっかり葉を落した。名前も知らない雑木の赤い葉が微風にくるくる揺れている。遠く相模湾に江ノ島が浮かんでいる。大気が澄んでいるのか見晴るかすことができた。森の上にぽかりと開いた空は雨上がりのせいか厚い雲によって鈍色になっている。

第1次定年、還暦という現実がなかなか受け入れられず、このところ精神が不調だ。3年前に現役から半分退いた身になったときから、時々襲ってきた鬱々とした気分にまた捉われている。心にも生活習慣病があるのではないかと思ってしまう。
仕事人間で来たから、仕事が減ったり無くなったりすると途端に塞ぎこむ。文楽三味線、日本のSFと春から秋にかけて、今の私なら全力疾走といえる仕事ぶりでやって来た。それが終り、来年の3月放送の作品しかなくなると忽ち心の風船が萎む。番組を作っているという習慣から離れられないのだ。

 だが、物憂さはそれだけではなさそうだ。やはり60歳という節目を意識しているのだろうか。もう60歳になったかという、失望がボディブローとなっている。これまで何をやって来たのだろうか。中也の詩ではないが、おまえは何をしてきたかと風が吹く。

図書館で、20年ほど前に出版された『ぐるっと海道3万キロ』の東北編を見つけて借りた。同名の番組のノベライゼーションで、執筆しているのは私のよく知っているドキュメンタリストたちが名を連ねている。青函連絡船、気仙沼、銚子、夢の島、まだ若かったディレクターたちの筆はみずみずしい。その文章を追ううちに、鼻の奥がつーんとしてきた。

テレビがまだ何かを信じていた時代だ。あの当時、ここに書いている人たちと並んで、私も必死で走っていた。仕事を疑うことなく、観客というグローブに球を全力で投げ込んでいた。今はどうだろう。その行為を全面的に善しとできない。善しと言い切ることに躊躇いがある。

昨夜、黒澤明の「赤ひげ」を見た。薄幸の女が赤子をおんぶして、頭を下げている光景は長く心に残った。虐待で心が捻じ曲がった少女が寝ずの看病する姿。嗚呼、この作品は黒澤がまだユマニスムを信じていた頃の作品だった。これを作っていた頃の黒澤は映画を信じ自分も信じていたのだろう。その後にやってくる「トラ!トラ!トラ!」の挫折から始まる昏迷を思うとやるせなくなる。
曲折があったにせよ、その後も映画を撮りつづけて、わりと長命だった黒澤は晩年のスタイルということをどう考えたのだろうか。

夕方になった。西の空がうっすらと焼けた。鴉が2羽3羽飛んでゆく。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-23 22:12 | 魂のこと | Comments(1)
Commented at 2008-01-08 18:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< はなれ雲 晩年 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧