人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

晩年

晩年

昔一緒に仕事をしたKさんが1年前に亡くなっていたことを、最近知った。まだ60代なのでそんなことはないだろうと思い込んでいたから、1年半ほど音信が絶えていてもも気にしなかった。
そのうち、ふらーっと電話してくるだろうと漠然と考えていた。

昔の仕事のことで聞きたいことがあってこの11月に連絡をとったところ、その人は癌で1年前に帰天していた。知ったとき私はちょうど「日本のSF」の番組の繁忙期だったので、奥様にお悔やみを電話で申し上げるにとどまった。
時間が出来たので、高崎までお参りに伺いたいとご家族に告げたら、こんな遠路まで来ていただかなくてもいいと謝絶を受けた。

ご家族から見れば、1年も経っての弔問は面食らうことなのだろう。ただ、最近知った私としては、本当にご恩を受けた人なので、せめて線香の一本でも手向けたいと願ったのだ。

そんなに大事な人Kさんをなぜ放っておいたのか――。

Kさんは63の頃から持病が出て、家で療養することになった。時々電話で近況を伝えることがこの4年ほど多くなった。Kさんは話が長い人で、一度の電話が1時間に及ぶことはしばしばであった。つい、こちらから電話するのが躊躇することとなった。でも、声だけ聞いているとしっかりしているから、まだまだ長生きすると思っていたが、70を待たずに逝ったのだ。

3年前、私が定年をむかえたとき、Kさんは私の身の振り方をずいぶん心配してくれた。番組を作る以外に能がない私を、どこか格好の職場がないかと、Kさんの交友をずいぶん探してくれた。Kさんは技術職だったから、外資系のコンサルタント会社をあたってくれた。そのときは縁がなく有難く辞退したのだが、そのときにかけてもらった情けには感謝していた。この交友は誰も知らない。私とKさんがそれほどの関係で、苦労を分け合った仲だということはおそらくKさんの奥様も知らなかったはずだ。だから、訃報は私に届かなかったのだ。

高恩あるKさんを長く放置したということが、私を苛む。なぜ、今年の賀状が届かなかったことに気づかなかったのか。

2007年というこの年は、私にとってずいぶん大事な人たちが死去した。植木等さんが死んだ。河合隼雄さんが死んだ。山口小夜子さんも死んだ。個人的な友人もいた。福原シスカが亡くなり福原カズオミが後に続いた。

昨夜、旧知のカメラマンと会ったとき、「死」と「生」の漢字の字解きを教えてもらった。
死。その「夕」は人の骨を表す。その「ヒ」はそこに跪いている様を表す。
生。「土」の中から芽生えてくる様。

昨日から、サイードの『晩年のスタイル』を読み始めた。そこに記されていた言葉がたちまち私を射る。人は年を得て必ずしも成熟するとは限らないということ。
 あと3週間ほどで、私は60歳になる。来し方を顧みれば暗然とする。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-21 12:13 | 魂のこと | Comments(0)
<< 歳末の空 紅茶を受け皿で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧