人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

神楽坂取材

神楽坂取材

神楽坂にある、嵐山光三郎さんの事務所に行った。檀一雄についての取材である。
本企画の制作会社のプロデューサー、番組メインディレクター、サブディレクター、そして私の4人である。飯田橋の駅で12時半に待ち合わせをして事務所に向かった。アポは1時だったが少しはやめにおとないを入れた。

不良中年の先駆けのような嵐山さんだが、このところ目覚しい著作活動で嵐山さんの名前は至るところで見る。週刊誌2本の連載、毎月のように出る単行本ということで休む間もないほど多忙だ。その人物に1時間のミーティングタイムをもらったのだ、少しでも話をたくさん聞こうと早めに入った。

用件は最後の無頼派作家と呼ばれた檀一雄の残した絵についてである。檀は父が画家だったこともあって、自身絵をよく描いた。数十枚残っているがこれまで公開されたことがない。火宅の人らしく数々の伝説を残した檀は、実はきわめて律儀で健気な人物であったと、晩年の檀を知る嵐山氏は考えていて、その証左がこれらの絵だという説をもっているのだ。

 嵐山さんはかつて平凡社の「太陽」の編集長で、檀氏の担当だった。当時、檀担当では一番若い編集者だったので可愛がられて、檀流クッキングや釣りなどを教えてもらった。代わりに、まだ幼かったふみ氏を野球に連れて行ったこともあるのだ。

奇しきことに、同行のメインディレクターは嵐山氏と小学校の頃同級だったという。わずか2年だけ国立の学校で一緒だったが、どちらかが転校して会えないまま50有余年、月日が流れている。ディレクター氏は最初名乗らず、名刺だけ交換した。嵐山氏はそれを見ながら、この名前と同じ同級生が小学校の頃にいたなあと、呟く。ディレクター氏は嬉しそうに笑って、「ぼくですよ」と答える。

嵐山氏はけげんな顔をして、じっと顔を見る。「うーん、あのときのI君?なんだかずいぶん変わったね」とまだ腑に落ちないまま名刺を見る。

この出会いの場面はなかなかよかった。互いに確認してもそれほど大げさにならず、さりげなく久闊を叙しながらビジネスに話をうつしていったのだ。
帰りがけに、氏は旧友を呼び止めて、最新の氏の著作を献呈していた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-19 08:11 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 紅茶を受け皿で 野晒し(のざらし) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧