人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ミステリーもメロドラマ

〈検屍官シリーズ〉スカーペッタ

 実は、ミステリーやホラーが大好き。松本清張や水上勉は若い頃没頭した。その後江戸川乱歩賞は出来るだけ逃さず読んだ。『暗黒告知』や初期の井沢元彦なんかは好きだ。でも外国ものは文体が馴染めなくてなかなか読まなかった。昨年の暮れ、職場の同僚がこれおもしろいよと貸してくれたのが『コーノトリ殺人事件』。それから『報復』など赤毛物にいっきにはしった。
 物語の設定はうだつの上がらない探偵や弁護士というのが好きだ。権力をもっている奴にいやというほど最初いじめられるのだが、最後で逆転というパターンがお気に入り。これって昔はまったプロレスのスタイルだ。余談だが、研修の講師などで行くと、私は番組の作り方をプロレス団体の分類で示したりするほどプロレスが好きだった。でも1昨年オーエンハートの暴露ドキュメンタリーを見て一気に熱がさめた。格闘技も最初はよかったが、最近のプライドなんかはリアリティが薄い。以前ほど力が入らない。
 閑話休題、外国ものにはまって読みすすむうちに、パトリシア・コーンウェルの〈検屍官シリーズ〉に出会い、これに心を奪われた。このはまり方は昨年の「冬のソナタ」に似ている。1作読むと次にいきたくなるのだ。読み終えるうちは、他の本が読めない。たいてい私は2,3冊並行して読書するのだが、このシリーズだけはそういうわけにはいかないのだ。このシリーズは1990年代全米で最大のミステリーになったというがたしかにその面白さが無類だ。
 作者のパトリシア・コーンウェルは実際に検屍官を体験しているので、医学知識、警察組織の詳細が半端でない。死体からのプロファイリングは今までなかった手法で読ませてくれる。犯罪もカルト教団や殺人狂など中途半端ではない凶暴で犯人も悪辣だ。物語は起伏があってぐいぐい引っ張る。
 でも一番のお気に入りは登場人物の人間関係だ。検屍官スカーペッタはイタリア系の美しいエリート女性。FBI捜査官の恋人がいる。不倫の関係だ。現場のさえない警部マリーノも横にいて、スカーペッタに邪険にしながら意識している。女子のエリートということで男社会のいろいろな意地悪にあう。それをぶち破って行くときの爽快感が最高。もう独り重要な人物がいる。姪のルーシーだ。天才だが母性に恵まれずスカーペッタを母のように慕う。最初少女だった姪はシリーズがすすむにつれ、美しい若い女になっていく。でも彼女は男に興味をもたない。女の恋人がいる。これらのレギュラー人物が、さまざまな事件に遭遇し解決していくのだ。
 この人間関係の面白さは、藤沢周平の『用心棒日月抄』に似ている。
 スカーペッタとマリーノのやりとりなど、翻訳ものとは思えないほど、洒脱でいい。翻訳の相原真理子は相当の人だと、私は思う。
 これは、デミ・ムーアの主演で映画化もされたというが、評判をとっていない。多分シナリオ化するのが難しいのだろうが、うまい映像で見てみたいものだ。せめてジェシカ・ラングの「ミュージックボックス」程度のあがりで見ることができないかなあ。ハリウッドの監督でユン・ソクホぐらいの感覚をもった人がでてこないかなあと夢想する。
 ちなみに戦後評判をとったフランス映画のジャンル、フィルムノワール(犯罪映画)もメロドラマの一種として欧米では見られる。メロドラマというコンセプトはなかなか広いのだ。

人気blogランキング
by yamato-y | 2005-02-20 17:58 | Comments(1)
Commented by Yuseum at 2005-05-15 23:20 x
TBありがとうございます。こちらもTBしました。
ミステリーで本が有名な場合の映像化は難しいですよね。それぞれの愛読者の持つイメージがありますからね。。。
<< 冬のソナタの秘密2 シリーズ・作品回顧① >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧