人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

野晒し(のざらし)

野晒し

古井由吉の最新作『白暗淵(しろわだ)』を読む。2006年4月から2007年6月まで「群像」で書き継がれた短編集だ。その中から「朝の男」と「野晒し」の2編を読む。

古井がモデルらしい老年の男の視点で描かれた作品は、現在の老境と敗戦直後の状況が入り混じる物語だ。「朝の男」は昭和20年5月24日に襲った空襲の翌朝に廃墟を一人だけ歩いていた男を見たという少年の記憶がテーマだ。すべてが破壊された瓦礫の原を偵察しているかのように歩いていく男のことが、60年を経て主人公によみがえる。
「野晒し」は同名の落語を寄席で聞いた主人公が、身の回りで起きた老女の死と野晒しの女幽霊と重ねて描いた作品だ。いずれも死のにおいがたちこめた作品だ。

落語の野晒し。
長屋に住む八五郎は隣家を訪ねてきたきれいな女のことを、翌朝聞く。隣家はつりが好きな浪人で、向島へ釣りに行ったときに見つけた人骨に酒を注ぎ回向してやったところ、女の骨が礼に来たのだと話してくれた。 それを聞いた八はさっそく釣に出かけて骨を見つけて回向する。その夜期待して待っていると、現れたのはいい女でなく幇間(たいこもち)が現れるという人情話。野晒しとは行き倒れの遺体のことで、江戸時代にはそのまま放置されて白骨化することがよくあったのだろうかしらむ。芭蕉も句にするほどだから。
野晒しを心に風のしむ身かな

古井の「野晒し」では、小学生だった頃ラジオでその落語をよく聞いていて、母親が「ぉ骨がわらいますよ」とたしなめたことなどが思い出されてくる。敗戦後のもののない飢餓の時期、街角には行き倒れの姿を目にすることもあった。

昨夜遅く、斉藤寅次郎監督の「東京5人男」を見た。古川ロッパやエンタツあちゃこが出演する昭和20年の映画だ。終戦からわずか3月で上映されたその映画には、廃墟の東京が記録されている。劇映画だがそのままドキュメンタリーにもなっている。廃墟の中を都電が走り、水道管から水がちょろちょろこぼれている。俳優の石浜朗によれば、空襲の翌朝には街角に遺体が放置されていたという。まさに野晒しだ。

先日、渋谷駅前の交差点で不思議な光景を見た。ツタヤの前の地下入り口のそばでホームレスがまっすぐ背を伸ばして寝ているのだ。まるで遺体のようだ。そこは陽だまりになっているので寝ていたのかもしれないが、私には突然「野晒し」という言葉が頭に浮かんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-18 09:43 | 魂のこと | Comments(0)
<< 神楽坂取材 野菊のごとき君なりき >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧