人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

野菊のごとき君なりき

野菊のごとき君なりき_c0048132_16594590.jpg
野菊のごとき君なりき


 佐藤忠男の『日本映画の巨匠たち』の頁を繰っていたら、1955年の木下恵介の「野菊のごとき君なりき」(原作は伊藤左千夫)のスチール写真があった。民子を演じた有田紀子の土手に座って微笑む写真だ。その笑いがさみしそうだ。この映画の作法ではないが、何か遠い昔の思い出を呼び覚ますような写真だ。

 この伊藤左千夫によって書かれた物語とはーー。
戦前の草深い田舎、いとこ同士の政夫と民子は、まるで姉弟のようにして育った。民子が十七歳、そして政夫が十五歳の秋。民子は病気がちの政夫の母の看病にあたっていた。幼馴染であったが、この看病を契機にふたりは淡い思いを抱く。
あるとき、二人は山へ綿摘みにゆく。そこで仕事を終えたあと、二人は土手で語り合うのだった。花に例えるなら政夫はリンドウだと民子が言う。政夫は民子を野菊という。

だが、頑迷で因循な田舎の人々は二人のうわさをして、二人の仲を裂いてゆく。政夫は町の中学へ早々と送り出される。民子は無理やり実家へと送り返される。まもなく民子は資産家の息子のもとへ嫁ぐのだった。
それから1,2年月日が流れ、政夫の下に電報が届き急いで帰省する。民子が病死したのだ。結婚したものの鬱々とした民子は病気になり実家へ戻された。そして病を養ったあげく死んだのだ。何も民子は語らなかったが、その胸にはリンドウの花と政夫の手紙がしっかり握られていた・・・。

山口百恵や松田聖子らによっても演じられ、「野菊の墓」という作品は感傷的青春映画の定番と言われている。涙なくして見られないという映画宣伝の惹き文句だ。それはどうでもいい。この二人の映画は見ていない。私が見たのは、木下恵介の「野菊のごとき君なりき」だ。この映画に出演した有田紀子はそのままタミだった。はかなげで淋しい運命を生きる少女だった。この女優はこれ以外の映画で見たことがない。早々と映画界を去ったようだ。

このタミの前に立つ政夫のひ弱さが私の胸をうつ。何もしてやれず、老年になってからただ回顧して悲しんでいるだけの男。
この左千夫の小説が出たとき、夏目漱石は絶賛したという。漱石は何に引かれたのだろう。私には目に沁みる一枚の写真。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-17 16:59 | Comments(0)
<< 野晒し(のざらし) 24と乱歩 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧