人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

南部坂雪の別れ

南部坂雪の別れ
南部坂雪の別れ_c0048132_11225148.jpg


昨日、広尾の都立中央図書館へ行った。ここには200万を超える蔵書があるので、浅草演芸史を調べるために都合がよい。地下鉄の広尾駅から有栖川公園をぬけて小高い丘を登ると図書館がある。
公園横の急な坂は南部坂とある。忠臣蔵に出てくるあの南部坂か。そう言えば明日は赤穂浪士討ち入りの、12月14日だ。感慨にふけっていたら勘違いをしていた。東京には南部坂は2つあったのだ。

 南部坂雪の別れーー浅野内匠頭夫人の瑶泉院は未亡人となった後、実家である備後三次藩の中屋敷へ移っていた。討入の前夜に大石内蔵助が報告に行くのだが、吉良側の間者が居ると知って、瑶泉院には決行のことを告げることができず、そればかりか不興をかって、雪の中を大石がすごすごと帰って行くというあの名場面の舞台、それが南部坂だ。小雨が降って肌寒い広尾の道を歩きながら、その出来事に思いをはせて、図書館に行って調べたら、この南部坂は違って本物は赤坂にあることを知る。

とはいえ、この図書館のロケーションは実にいい。有栖川公園が広大で静かで美しいのだ。戦前、この地に有栖川の宮の邸宅があった。大きな池があって数羽鴨が泳いでいた。兼六園の琴路灯籠を細身にしたような灯篭が雨に打たれていた。

坂を登って図書館の前に立つ。5階建ての建物が周囲の森と調和がとれて美しい。内部もきちんと整頓され、係員の態度もきちんとしていて好もしかった。

5階の特別資料室で浅草関連を調べる。6時過ぎまでいた。

とっぷり暮れた公園をくだり、広尾駅に向かう。途中で「つくしんぼ」を見つける。麻布霞町の茶寮つくしの姉妹店だ。たぶん肴も酒もうまいだろうと、つい暖簾をくぐる。
熱燗とたたみ鰯を頼む。たたみ鰯が炭火であぶられると、香ばしいかおりがして熱燗がうまい。でも銚子一本で早々に退散した。
南部坂雪の別れ_c0048132_1124987.jpg

バス通りに出ると、広尾のイルミネーションが見事だったので、思わずシャッターを切る。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-13 20:42 | Comments(0)
<< 24と乱歩 なんとなく時間に追われて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧