人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ぬけられます

ぬけられます

かつて、玉の井には「ぬけられます」という大きな看板があがっていたそうな。永井荷風の文にも滝田ゆうの漫画にも出てくる。玉の井という名前は通称であって、昔は寺島町といった。玉の井はそこの「単に春をひさぐだけの赤線地帯」(滝田ゆう)を指す。遊客を呼び込むための文言だったのだ。

荷風は『濹東綺譚』を書こうと思って、昭和11年の秋ごろからこの玉の井に出入りするようになった。その頃の流行歌に「忘れちゃいやよ」というのがあって、退廃的だということでレコードが発禁になっている。
♪月が鏡であったなら 恋しあなたの面影を 夜毎うつして見ようもの
こんな気持ちでいるわたし ねえ忘れちゃいやよ 忘れないでね

この11年に2・26事件が起こっている。翌年には盧溝橋事件が起きて日中戦争が始まるという時代だということ覚えておかなくてはなるまい。荷風のこの反時代的なやつした生き方が最近ちょっと気になる。

戦後、荷風は浅草の常盤座あたりに出没して踊り子たちに囲まれていたというエピソードがある。ロック座では舞台の初日に通行人の役で出演までしている。これは、来春に制作を予定している「大衆芸能・浅草の灯」を構想するうえでも見逃しがたい。

荷風は深川や柳橋の江戸情緒の名残をもとめて徘徊し、はては玉の井にまで出向いた。荷風が大田南畝や成島柳北にあこがれてそうしたとして、あの安岡章太郎は荷風に憧れて若い頃下町に住もうとしたことがあると聞くと、私の好奇心がむくむく起きてくる。

といってもせんかたない。江戸の名残が消えてゆくと惜しむ荷風の時代はまだよかった。安岡がさ迷っていた頃も辛うじて残っていただろう。今は見る影もないほど変わってしまった。荷風の偏奇館のあった麻布市兵衛町は現在のオークラあたりがそうだというが、よすがは何もない。東京五輪、バブル、2000年以降の開発で景色も町もまったく違うものになった。

最近、ちょくちょく高輪から泉岳寺あたりを散歩する。思いがけない路地があるのだ。先日は古井戸まで見つけた。でもそういう路地はぬけられない。だから車も通らず散歩としては具合がいい。白金にある東大病院の一角も昔ぶりだ。話に聞く避病院のおもかげを、私などは見てしまうのだ。いや、見たいというのが本音かもしれない。

ところで、『濹東綺譚』は新聞小説だ。東京朝日新聞で連載されたが、そのときの木村荘八の絵がすばらしい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-12-02 14:21 | Comments(0)
<< 悪党連鎖 ぼそぼそと呟くごとく >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧