人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

科学者が夢見ること

科学者が夢見ること

東大の物性研50年記念フォーラムは面白かった。最先端の科学者の「放談」だが、これからの地球を憂い人類を思い、熱い議論が繰り広げられた。心に残った言葉をメモしておこう。

今の小学4年あたりから大学のジュニアくらいまでの日本の若者は、外国に比して冷めている、というかしらけきっている、ということをかなり深刻に科学者たちは受け止めている。その原因の一つは大人が夢見ていないことであり、科学は解決されることが望まれている事柄に立ち向かってはいないのではないかと自問していた。

1543年、コペルニクスが地動説を説いた本を刊行したとき、その部数はわずか600だった。ヨーロッパの知識人の規模がそれぐらいだったのだ。それでも、その影響は世界的歴史的に広がっていったという事実をどう受け止めるか。今は日本の大学生だけで250万いる。ついでに言えば、紀元0年のとき世界の人口は3500万。1950年で25億。2007年で61億いるという。

 過日、東大130年の記念講演で、大江健三郎が語った言葉が科学者たちの心を掴んでいる。
「言語は、どんな言語であれ普遍的かつ個性的である。」個別か普遍かではなく、個別かつ普遍という道筋があるということを教えられたと、科学者はいう。

科学は若者に科学の地図を指し示すべきだ。何が分からないのか、何が必要なのか、ということを、科学は具体的に語らなくてはいけないという声があった。例えば、燃料電池をさらに進展させるにはすぐれた触媒が必要、その開発が焦眉だとか、エアコンの性能を上げるにはいい磁石が必要とされるとか、具体的な科学マップが今求められていると、科学者はいう。そういう意味で、温暖化とか環境異変という抽象でなく、地球の光合成が限界に達しつつある、という具合に語るべきという。

科学者の役割として、既知を未知にすることだという。未知を既知にするということではない。一つのことが分かれば十の分からないことが出てくるということ。そのことを社会に伝える「表現」を科学者の側から考えなくてはならないと、茂木健一郎も中村桂子も語ったことが印象に残った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-30 18:19 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 誕生すること 本日フォーラム収録 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧