人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

本日フォーラム収録

本日フォーラム収録

久しぶりに本番収録に臨む。
昼から六本木にある政策研究院大学のホールで「これから50年の科学は?」というフォーラムが開かれる。東京大学 物性研究所設立50年を記念して行われるのだ。その様子を1月放送の番組にするべく、本日中継車収録するのだ。

パネリストの顔ぶれがすごい。現代日本を代表する科学者がずらりと顔をそろえた。脳科学の茂木健一郎、生命科学の中村桂子、進化生物学の佐倉統、東大総長の小宮山宏ら総勢7人だ。

日本が敗戦をむかえたとき、科学研究はぼろぼろだった。なんとかしなくてはということで1957年にできた研究所の一つが物性研だ。当時、ソ連が人工衛星の打ち上げに成功した。東海村の原子炉に火がともったのもその年。つまり宇宙時代、原子時代の幕開けの時代だったのだ。注目されるのは、科学者たちは1959年に放送されたアニメ「鉄腕アトム」の存在を重視していることだ。大衆レベルで科学の成功を夢見させてくれたものとして高く評価しているのだ。

さて、このフォーラムの眼目は50年後の科学の予見だ。科学者は未来をどうみているのか。知りたい。「20世紀は電子の時代、21世紀は光の時代」という言葉が世紀末頃から言われていたそうだが、そのコンセプトが今も有効だとはかぎらないと学者たちは考えているそうだ。大衆知識社会がやって来て、一億総科学者になることもあるが、いろいろ厄介なことも起きてきそうだ。科学は社会的責務をしっかり負う必要がある。科学的合理性と社会的論理性のおりあいが大切になってくるのだ。例えば、人類にとって重要な地球温暖化に対して、科学はどういう貢献が出来るのだろうか。常温超伝導は実現するのだろうか。

本日のフォーラムは高邁で重大な主題を論ずるのだが、なにせ時間が少ない。その限られた時間内で実りのある議論が生まれたらいいのだが。

尚、東大物性研究所は現在移転して千葉に行ったが、元は六本木にあった。跡地には国立新美術館がある。南隣には国立政策研究大学院があって、本日はそこが会場となる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-30 07:52 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 科学者が夢見ること 社会保険事務所 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧