人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

笑いながらに 別れたが

バカ田大学 フジオくんとタケイくん

赤塚不二夫――平成14年に脳出血で倒れ、以来こんこんと眠っている。昭和10年生まれだから今年で73歳になるはず。「眠る男」だ。
そうなった人を私は二人知っている。1人は岩波の安江さん、もう一人は河合隼雄さんだ。だが、二人とも結局3年以内に亡くなったから、フジオ先生の眠りは長い。余程内臓が丈夫なのだろうか。
前の二人は明かに持病に過労が重なって起きた事故だが、フジオ氏は長い間アルコール依存症になり緩慢な自殺ともいうべき行動をとってきたから比較にはならないかもしれない。

「もーれつア太郎」に登場するあのタケイ記者が書いた本「赤塚不二夫のことを書いたのだ」(武居俊樹著)を読んでジーンと来た。フジオ先生の出鱈目ぶりも凄いがそれに付き合いそそのかしてきたタケイ記者の放埓、無頼も凄い。互いに許しあった底抜け的友情には、泪チョチョ切れる。

フジオ先生はひばりが好きだった。というより崇拝していた。ひばりの息子がフジオファンだったことから対談することになり、揚げ句新宿ゴールデン街まで出撃してデートまでした。そのとき、息がかかるほどの近さでひばりの「津軽のふるさと」や「悲しき口笛」を聞いたという。ああ、何と言う組み合わせ、フジオ至福の時間にカメラを持ちこむことができたらと、タケイ本を読みながら地団太を踏む。

しかし、フジオ先生はギャグの天才にして、ギャグの人生を生きた。(過去形にするのは文章の成り行き上であって)
まことに純真無垢、というか子どものように邪気に満ちた無邪気ぶりだ。この本で知ったのはギャグを発想する苦難たるや並大抵のことではないということだ。それを、シェーからケムンパス、ウナギネコ、イヌまで思いつくのだから、フジオ才能と支えたスタッフの努力に頭が下がる。
イヌ
バカボンのパパたちが、イヌをからかう。イヌに「おまえはネコだ」と。もしかするとイヌはネコかもしれないと思いはじめる。鳴き声が「ニャーニャー」になる。すると、周りは「おまえは本当はイヌだ」と言い始めると、イヌは迷う。そして鳴く「ニャワン ニャワン」。
どうだ、この馬鹿馬鹿しさは。天才のなすところである。

かくして作家と編集者という固い契りで生きてきた二人が平成14年に別れることになり、その別れはいまだに続いている。タケイ記者はひばりの「悲しき口笛」の一節を引用する。

  いつかまた逢う 指切りで 笑いながらに 別れたが
  白い小指の いとしさが 忘れられない さびしさを
  歌に歌って 祈るこころのいじらしさ


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-25 10:57 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 黄落や 濫読乱読 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧